encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

謎のスパイ道具、FLIP-BLASTER登場の巻


NERFest新木場3まであと1週間。
みなさんブラスターの調整、射撃訓練、体力づくりに余念の無い時期だと思いますが
私はというと他のブラスタートイにうつつをぬかしておりました。



FLIPB_02.jpg



それがこちらのブラスター。
パッと見ゾイドの頭部パーツ(しかもゼネバス帝国風)に見えますが...



FLIPB_03.jpg
ブラスターにトランスフォーム! 



FLIPB_01.jpg
それがこの「Spy Gear FLIP-BLASTER」。



日本でもトイザらスではよくNerfと並んでいるので
Spy Gearのブランド名や銀赤のロゴマークは見たことがある方も多いと思います。



残念ながら日本には入って来ていませんが、実はアメリカ本国ではブラスタートイも出しています。



FLIPB_06.jpg
上下2連の発射機構はデリンジャーを連想させます。
この銃口に・・・



FLIPB_07.jpg
付属の軸付きの吸盤を刺し込み、発射準備完了です。
マーベリックなどのエアコッキング方式ではなく、いわゆる「ロケットパンチ」の様に
スプリングを弾で押し込んでロック、トリガーでロックを解除して発射するタイプになります。
この形式がSpy Gearのブラスターの基本スタイルの様で、他のブラスターも同様の発射機構のようです。



このFLIP-BLASTERの場合はトリガーを引くたびに上・下・上・下・・・とロック解除が切り替わる用になっており
ダートを両方に装填しておけばトリガーを2回引くだけで2連射が可能です。



このサイズのブラスターで連射可能というのは正直驚きで、この機構だけでもブラスター好きなら
ついつい何度も発射・リロード・発射・リロードと繰り返してしまうと思います。



FLIPB_11.jpg
2.5m離れての命中精度はこのくらいです。
吸盤の食いつきも上々です。



ダートは上記のサクションダート(吸盤弾)と軸の径が同じで吸盤ではないハードティップダート
(ストリームダートの様に弾頭が中空になっているようです)の2種類がありますが
FLIP-BLASTERにはサクションダート4発が付属しています。




FLIPB_09.jpg



FLIPB_08.jpg
銃口に2発装填して、余った2発はグリップ内部に取り付けておけます。



FLIPB_10.jpg
そのまま収納状態にすることも出来ます。見た目がなんだか面白いですね。
ちなみに、この収納形態ではトリガーと発射装置が切り離されているので
トリガーを引いても発射されません。



 



FLIPB_12.jpg
グリップは見た目の通り四角さが際立った握り心地で、トリガーガードが小さいため握り方にコツがいります。



FLIPB_13.jpg
マーベリックと並べると小型さが際立ちます。



スパイの銃は威力よりも隠匿性が重視されるといいますが、かつてのジェームスボンドの愛銃ワルサーPPKに通じる物がありますね。
気付かれない様にすっと懐から出して2連射、すみやかに懐に戻して立ち去る、そんなシーンを妄想しながら遊ぶのが似合うブラスターです。



スパイギアシリーズ自体の日本展開はしているので、Nerfの人気・知名度が上がって着ている今、
是非ともブラスター系の展開もお願いしたいところです。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2009/10/24(土) 21:39:34|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<もてぎ7時間エンデューロ、4時間の部に参加してきました | ホーム | ナイトファインダーとリーコンのビームライトを合体させてみた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://encounter72.blog.fc2.com/tb.php/88-113cddcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)