encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

驚愕の35連発!急襲、Raider CS-35登場の巻(本体編)


raider24.jpg
予定外ですが、日本では来月発売予定のRaider CS-35が手に入りました。
今回は個人輸入ではなく、海外旅行に行った弟がお土産に買ってきてくれました。



リクエストは「幻の赤リーコン」だったのですが、残念ながら無かったようです。
赤リーコンの謎は深まるばかりです・・・



さて、気を取り直してレイダー CS-35ですが、発表された当初は「コレは無いわ」の大合唱だったモデルですが
いざ触ってみるとさすがに良くできています。



ショットガンの様にフォアグリップをスライドさせてコッキングするスタイルは速射性に優れ、
トリガーを引きっぱなしでスライドを前後させることで連射可能な「スラムファイア」機能を搭載しているので
単発と連射を使い分ける事ができます。




raider25.jpg
フォアグリップの後退位置はこのくらいです。
この位置に無いとマガジンの脱着ができないのはリーコン・ロングショットと同様です。




raider22.jpg
そしてなんといってもこの35発装填可能のドラムマガジン!
いかにも「撃ちまくれます!」といった見た目からして実にアメリカ人受けがよさそうです。



raider04.jpg
背面は透明になっており、残弾を確認できるようになっています。
シールか何かで10発や5発ごとに印をつけておくと残弾の把握がしやすそうです。



raider18.jpg
ドラムマガジンの基部はリーコン・ロングショットと共通規格なので、6発装填のクリップも使用可能です。



raider19.jpg
ストックはリーコンと同じ規格で取り外し可能です。
取り回しは良くなりますが、ストックが無いと安定しないので
スラムファイアがやりにくくなります。



 



raider01.jpg
ストックは4段階に長さ調整可能です。
M4系と見た目がそっくりなストックですが機能面もそっくりです。



raider05.jpg
ストックを伸ばした状態でフル装備のリーコンとほぼ同じ長さとなります。
リーコンのフニャフニャしたストックに比べ剛性感がありますので射撃時の安定性は高いです。



raider06.jpg
ストックの入れ替えが可能なので、予備クリップを携行したい場合には
リーコンのストックをつけるのも手かもしれません。



raider23.jpg
上部にはオプションレイルを2本装備しています。
とはいえ、青色のオプションとなると、ロングショットのスコープか
アメリカ版のダートラグブラスター(ストライクファイア・青)しかないので
現時点ではあまり使い道がありません。



画像が多くなったので記事を分けます。
後半はオプションや組み替えについて。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2009/08/23(日) 00:48:24|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<驚愕の35連発!急襲、Raider CS-35登場の巻(遊び倒し編) | ホーム | NERFest新木場2に参加してきました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://encounter72.blog.fc2.com/tb.php/81-9857024b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)