encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

ブラスターペンでOffice Warを生き残れ!の巻


改造や検証をする暇がなかなか取れないので未開封のブラスターを開けてストレスを解消してみました。
という訳で今回のアイテムはNERF BLASTER PENです。



nbp1.jpg



NERFのロゴが皆さんおなじみの物とは違うのでお気付きかもしれませんが、けっこう古いブラスターです。
パッケージのライセンス表記は2002年となっていました。



nbp2.jpg
パッケージを開封してみたところ。
名前のとおりペン型ブラスターということで、ボールペンとしても使えるようになっています。



nbp3.jpg
ペンの青い蛇腹部分をひねるとペン先が出てきます。
普通のボールペンなどにもある機構ですね。
書き味は・・・日本製の100円ボールペンとあまり変わりませんね。



nbp5.jpg
ブラスターとして使用する時にはペン中央を軸にボディを回転させ、ペン機能の部分をグリップとして使用します。
パッケージによるとエクステンドレバーとなっているオレンジ色の突起を引いてコッキングします。



nbp6.jpg
コッキングのストロークはこのくらいです。
発射方式は空気圧式ではなく、バネでダートのお尻を押し出す方式です。




nbp4.jpg
付属のダートは直径は同じですが短くなっています。
AIRZoneのものよりもさらに短く、手持ちのダートの中ではもっとも短いものです。



nbp7.jpg
もちろん、通常のダートも使用できます。
射撃する際にはグリップはこのくらいの角度がちょうどいい感じです。



なお、銃口下のストレージは、奥まで弾を差し込むとトリガーと干渉して暴発するので注意が必要ですw



射程距離は4、5メートルくらいでしょうか。
直接ダートを押し出している発射方式に起因していると思われますが、命中精度は非常に悪いです。
Nerfにしては珍しく途中でダートが横を向いたり、空中で回転したりしてしまいます。



ちなみに、このブラスターペン、だいぶ前に1丁入手していたのですが
nbp8.jpg
入手当初からペン部分が折れていたという悲しい状態だった為、お披露目できなかったのです。
今回、良品が手に入ったので、こちらはペン部分を完全にオミットする改造をしようかとおもっております。
デリンジャー風とか似合いそうです。



ちなみにこちらの物はカラーもパッケージ(Nerfロゴも現行と同じ)も前述の物とは違いまして
パッケージのライセンス表記も2006年となっています。
結構長い間売られていたんですね。



その割にはebayなどでもあまり見かけず、あってもプレ値になっています。
元が$6.99なのに開始$40とかになっています。



はっきりって、同じ超小型タイプのブラスターでもシークレットストライクの方が遥かに優秀です。
どうしてもペン型ブラスターが欲しい!という方にのみオススメします。
(もしかしたらスパイギアあたりに似たようなものがあるかもしれませんが)




nbp9.jpg
と、言うことで我が家の超小型ブラスターたち。
左上から今回のブラスターペン、リフレックスIX-1(まだ紹介してないですね、コレ)
シークレットストライクAS-1、ダートタグマイクロブラスター。
机の上に転がしておいてちょっとした息抜きに最適な4種類です。



国内販売あるとしたらリフレックスかシークレットストライクですかね?
タカラトミーさんトミーダイレクトさん是非よろしくお願いしますっ!!



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2009/07/13(月) 23:37:01|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京おもちゃショー2009に行ってきました。 | ホーム | まだ発売時期未定ですが>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://encounter72.blog.fc2.com/tb.php/71-40e5ca0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)