encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

ナーフ リーコンを分解してみた(その3)染色してみた


前回の続き



分解したパーツのうち、外部に露出するパーツのみを黒に染色します。
今回使うのは繊維用染料のダイロンマルチです。
本来はTシャツとかを染めるのに使うのですが、以前別のトイを染色する際に
うまい事染まったので、今回も試しに使って見る事にしました。



プラスティックなどの樹脂を染める専用の樹脂染料というものもあるんですが、
ニオイがキツイし、なにより地元で売っていないので今回は見送りました。



という訳で作業開始。



12.jpg
深めのバットにダイロンマルチ・エボニーブラックを撒きます。
粉末状の染料を熱湯で溶いて使うもので、今回は3個使用します。



熱湯で溶かし、さらに塩を溶かした熱湯を加えて染め液が完成しました。
ここにパーツを投入します。



13.jpg
銃口パーツが浸りきらなかったのでやむなく縦に置いています。
外に見える部分だけ液に浸れば問題無しです。



本当は湯煎して温度を一定にしたいのですが、残念ながらこのバットが入る容器が無かったので
ラップをかけて1時間半程暖かい部屋に放置しました。
今思えばコタツを出しておけば中に入れて保温できたのに、とちょっと後悔。



14.jpg
そして1時間半後に液から出して洗浄したパーツたち。
黒じゃなくて緑になってるー!!
漬け込みが足りなかったのか、温度が低くなりすぎたのか、染め液の濃度が薄かったのか。
なんにせよ、もう染料が無いので今回はこれでいくしかありません。



17.jpg
染める前と比べるとそれなりに染まっているのが判るかと思います。
例えるなら・・・バナナ味とキウイ味?



20.jpg
我が家に各種類一発ずつ特殊弾頭が配備されました(嘘)



おまけとして染め液に30分だけ付けたダートです。
ゴム部分はきれいに染まりましたが、スポンジ部分は汚くなってしまいましたね。



sideup.jpg
組んでみると意外と落ち着いていい感じです。
・・・と、思い込んでみる。
明るいODというか、緑茶色というか。
かなりイエローの地が残ってしまっていますね。



しっかり染めるにはやはり樹脂染料を用意しないと駄目みたいです。
でも、アレは廃液の処理とかが面倒な上にかなりケミカル臭いので
どうしても二の足を踏んでしまいますね。
とりあえずは次にやる時は同じダイロンで、コタツを用意してからストックとバレルを染めてみますかね。



次回は、再組み立て時のちょっとした注意点でも。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2008/11/28(金) 19:37:11|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ナーフ リーコンを分解してみた(その4) 再組み立て時のtips | ホーム | ナーフ リーコンを分解してみた(その2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://encounter72.blog.fc2.com/tb.php/39-5d83af16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)