encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

R85A1について(その2)


ゆっくりしているうちに二ヶ月が経過してますが。



この二ヶ月の間に2度のゲームに参加しましたが、R85A1、大きなトラブルなく動作しております。
たまにセレクターがセミオートにもかかわらず2点バーストになってしまう事がありましたがピストンのクラッシュや削れも無く動いています。弾道もスムースな線を描いておりホップの調整も良好です。0.2バイオ弾でで最適化完了



外観的にはMMC製ガスガンに付属のSUSAT(SUSAT側のマウント内側をちょっと削れば搭載できます。)を載せて一般兵気分をだしつつサイティングもばっちりです。プラスチックのレンズが曇っているのは経年劣化という事であきらめておりますが・・・



マガジンはKINGARMSの120連をチェストリグにいっぱい詰めてマグチェンジを楽しみつつもノーマルよりは余裕のある戦闘を展開できるようにしています。タイトなR85A1のマガジン挿入部にもやさしいプラ製なのも嬉しいところ(?)
きつい様なら削れば良いか、と思って購入したものの、無改造で出し入れ楽勝でした。



なんにせよ、これでようやく「箱出し状態のマルイの電動ガン」と同等に戦える様になったかと思います。




今後はこの銃をメインに据えて、サブでM4A1を英軍仕様に改造予定。
といっても今年のゲーム予定はもう無いので暖かくなる頃までにゆるゆると。
L96A1(TYPE96)については年内中にカスタムできればいいかなぁ、と。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2008/10/08(水) 21:52:50|
  2. カスタマイズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お引越し | ホーム | R85A1について(その1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://encounter72.blog.fc2.com/tb.php/35-754163bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)