encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

ミニパニッシャー? AirZONE QuickFire Gatling Blasterの巻


このブログのコメント欄でも何人かの方がお知らせしてくれましたが、
日本トイザらスからエアゾーンの新作が発売されています。



クイックファイヤー10ブラスターとクイックファイヤーガトリングブラスターの2種類ですが
地元のトイザらスには片方しか売っていなかったのでとりあえずこちらを紹介します。



QFG01.jpg
「AirZONE QuickFire Gatling Blaster」
見た目と名前の通りガトリングガンを模したブラスターです。



QFG02.jpg
付属品は25発のダーツと給弾ベルト、取扱説明書です。



QFG03.jpg
このガトリングブラスターは単3電池6本を使う電動ブラスターで、ローラー式の射出機構や給弾ベルトなど
同じエアゾーンのパニッシャーに酷似した機構を備えています。
機関部はサイズも近いのでおそらくは設計を流用、簡素化したものなのでしょう。
(パニッシャーにあった一部の安全装置などがなくなっています)



QFG04.jpg
そのパニッシャーとのサイズ比較です。



 



QFG05.jpg
給弾ベルトはパニッシャーと同じ物ですが、輪状につながっています。



QFG09.jpg
一番上が付属のダーツ、真ん中がパニッシャー用のダーツ、一番下がエアゾーン用の吸盤ダーツ。
吸盤ダーツはガトリングブラスターでは発射できませんでした。
以前パニッシャーでも発射できないとの書き込みがコメント欄にありました(私のパニッシャーでは撃てました)が
個体差で撃てる/撃てないがあるのかもしれません。



それと、発射する前にもう一つ注意点が。
私の買ったガトリングブラスターだけかもしれませんが、給弾ベルトを装填しようとしたところ
回転部からグリスがはみ出していました。
QFG08.jpg
念のため空撃ちで1周回転させると結構な量のグリスが付着していました。
これから購入される方は実射前にご確認を。



QFG10.jpg
気を取り直してダーツを装填して給弾ベルトをセットします。
オレンジのシールが貼ってある部分はダーツが入らないダミーカートになっています。
ベルトの矢印に従うとこの位置でセットするのが正しいように思いますが、
ベルトが左から右に動く為、この位置だと1発目がダミーの為空撃ちになってしまいます。
矢印のカートを中央から1個右にずらして装填するのが正解だと思われます。



発射速度はパニッシャーよりは遅いものの、回転するバレルの迫力は同様です。
できれば、ダミーの銃口部分もちゃんと開口していれば良かったのですが・・・
QFG11.jpg
パニッシャーと違い銃口周囲のバレルの部分が露出していないので正面から見ると
ガトリングガンだと分からないのが残念です。



発射性能はパニッシャーよりも飛距離と精度に劣る感じです。
個体差かも知れませんがダーツが左右に振れる時が3発に1回くらいある感じでした。
とは言え、パニッシャーが店頭在庫のみになってしまった今、手軽に買える電動連射ブラスターとしては
なかなか楽しめる1丁ではないでしょうか。



ではでは。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2011/09/27(火) 22:03:20|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ここ最近のNerf界隈 10月版 | ホーム | Nerf WHITEOUT Series LONGSTRIKE CS-6を入手しました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://encounter72.blog.fc2.com/tb.php/215-1e9eb6b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)