encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

Nerfとは一味違うボルトアクションブラスター、Buzz Bee Hunter


今回紹介するのは昨年発売されたBuzz Bee Toysの新型ブラスター「Hunter」です。



hunter01.jpg
ボルトアクションライフルをモチーフとしたブラスターです。
hunter02.jpg
価格は$25程度、Nerfで言えばリーコンやレイダーに近い価格帯です。



hunter03.jpg
ハンター本体。
Buzz Beeらしくディフォルメされ、子供でも取り回ししやすいサイズになっています。
右側側面にはダーツを2本収納できるダーツホルダーが付いています。
ギミックこそボルトアクションですが単発式なのでこの位置にあるホルダーは
連射性を高めるよい工夫だと思います。



hunter09.jpg
ダーツホルダーはもう一箇所、ストック後部を開くと

hunter10.jpg
4本分のホルダーが現れます。
計6本のダーツホルダーを持つハンターですが付属するダーツはなぜか4本しかありません。



hunter04.jpg
裏面は実にシンプル。
塗装や自作デカールを貼ると見違えそうですね。



hunter11.jpg
サイズはこのくらい。
ボーンリボルヴと比べるとハンターのグリップ・ストックが小さいのがわかると思います。



hunter05.jpg
ボルトの後退はここまで。
小気味良いボルトアクションが楽しめます。



hunter06.jpg
ボルトを後退させるとバレル前にストッパーがせり出し、ダーツの脱落を防止します。



hunter07.jpg
側面からダーツを放り込み、ボルトを戻すと



hunter08.jpg
発射準備完了です。
ちなみにNerfのダーツとの互換性ですが



hunter12.jpg
hunter13.jpg



マイクロダーツ、ダートタグダーツ、それと写真はありませんがソニックダーツも使用可能です。



ただしストリームダーツだけは使用できません。



hunter14.jpg
内部で詰まってしまい、場合によってはストッパーを噛みこんでしまい故障の原因となります。
これは、ダーツの内部構造が原因です。



hunter15.jpg
ストリームダーツはダーツ内部の軸が長く、ブラスターの内部パーツと干渉してしまう為
ブラスターによっては使用できない原因となっています。



肝心の発射性能ですが、Buzz Beeの中では屈指のものです。



DATA.jpg



初速も高く、命中精度もなかなかの物です。
未調整の状態でこの性能なら、チューニングすればさらなる高性能が期待できそうです。
ではでは。




ナーフ N-ストライク ボーンリボルヴ
クリエーター情報なし
タカラトミー

ブログを書くならBlogWrite
  1. 2011/02/03(木) 21:10:16|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<連結武器は男のロマン!BUZZ Bee ULTIMATE BLASTERS | ホーム | ワンダーフェスティバル 2011[冬]で日本未発売ブラスターを手に入れよう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://encounter72.blog.fc2.com/tb.php/181-c82751c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)