encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

キャロットカップ終了しました


昨日10日、以前より告知していた「ナーフ北関東最強決定戦 キャロットカップ」を開催いたしました。



C_CUP01_2.jpg



事前の予約エントリーに加え、多くの当日参加申し込みがあり、なんと総勢19名と予想以上のエントリーを頂きました。



第一種目はタカラトミーのオフィシャルターゲットを使い、3発1セットを2回、計6発の合計得点を競うゲームでした。
このゲームでは当日7名もの団体さんで飛び入り参加頂いた、「ゆう」さんがなんと550点という高得点で1位となりました。
(ちなみに2位は私で450点でした。)
この競技の最高点数が600点(100点ゾーンに6発)だと言うことを考えると驚異的なスコアです。



第二種目は会場になったにんじんやさんで行われているローカルルールに則ったゲームです。
今後の為に詳しくルールを説明します。



 C_CUP01_1.jpg
こちらが専用ターゲットです。
後ろのダーツボードや上においてあるにわかんせんペいのお面は気にしないで下さい。



ターゲットはオレンジと黒のゾーンに分かれていて、この色分けされたゾーンに向けて撃ち合うゲームになります。



まず、2人のプレイヤーがじゃんけんをし、勝ったプレイヤーがまず真ん中に向けて1発撃ちます。
次に負けたプレイヤーが撃ち、ターゲットの中心の近くに当てたプレイヤーが先攻後攻の選択権を得ます。
先攻後攻を決めた後に、もう一人のプレイヤーがどちらの色のゾーンを狙うかを選択します。



 



C_CUP01_3.jpg先攻のプレイヤーから1発ずつ2回、計2発を撃ち合い、多くのダーツが入っているゾーンのプレイヤーが勝利となります。



仮に黒のプレイヤーが黒のゾーンに2発、オレンジのプレイヤーがオレンジゾーンに1発、黒のゾーンに1発命中させた場合
黒3:オレンジ1で黒のプレイヤーの勝利となります。



もしも同点だった場合は1発ずつのサドンデスに突入します。
また、ターゲットの真ん中、赤い丸で囲まれているゾーンは2本分の点数が入るスペシャルゾーンで、1発逆転のチャンスがありますが
非常に小さく、ちょうどダーツ1本分の大きさしかありません。



このゲームのトーナメント戦を行い、熱戦の末NERFestの常連「キング」さんが1位となりました。



両ゲームの1位が決まったところで
「NERFなう」さんと「キング」さんが北関東最強を賭けて対決する最終ゲームを発表しました。



ゲーム内容はナーフではない、投げる方のダーツでメジャーなゼロワンゲームの中から「301」を採用しました。
各プレイヤーは301点の持ち点を持ち、ターゲットに3発ずつダーツを撃ちます。
ターゲットに書かれた得点を持ち点から引いていき、先に持ち点をちょうど0点にした方が勝者となります。
ほかにも細かいルールがありますが、興味のある方はダーツのページなどでご確認ください。



このゲームでの勝者は「ゆう」さん。
第一種目での正確無比な射撃が再び冴え、見事に初代北関東最強の王座につきました。



こうして、3時間の戦いが終わりました。
参加された皆様、お疲れ様でした&ご参加ありがとうございました。



早くも第二回を来年の早い時期にやろう、という話もでていますのでその際には是非ご参加くださいませ。
ではでは。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2010/12/11(土) 15:36:15|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第39回 おもちゃ団地 チャリティーバザール ナーフシューティング大会を見てきました | ホーム | 今週末は栃木県が熱い? タカラトミー公式イベント開催>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://encounter72.blog.fc2.com/tb.php/169-7a0de68f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)