encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

UNITY POWER SYSTEM番外編 SCOUT IX-3お手軽チューニングの巻


バレルブレイクIX-2が日本でも発売開始されました。
SN3A0213.jpg
来週にはボーンリボルヴREV-5が発売されますのでどちらを買おうか悩んでいる最中、という方も多いと思います。
参考になるかはわかりませんが週末のうちに動画が編集できるとよいのですが・・・



さて、SCOUT IX-3を紹介した記事のコメント欄で質問があったので簡単にチューニング方法を書いておきます。



ブラスターの改造はメーカー非推奨です。
当記事を参考にして行ったあらゆる行為について当方では責任を負いません。
全ては自己責任でお願いします。



SCOUTMOD01.jpg
まずはスライドの4本のネジをはずします。



SCOUTMOD02.jpg
スライドを開くとレイル固定用のパーツとトリガー連動パーツの二つのパーツと2本のバネが
飛び出す場合があるので無くないようにしましょう。
続いて本体側のネジを全て外して開きにします。



SCOUTMOD03.jpg
スカウトIX-内部。
ここからダーツホルダー部分を外します。



SCOUTMOD04.jpg
画像右側の銃口側に小さな穴があいているのがわかるでしょうか?



SCOUTMOD05.jpg
反対側をみるとさらに大きな穴があいています。
通常だと、発射時にここからエアが逃げてしまっています。



SCOUTMOD06.jpg
この穴をシールテープで2・3周巻いてふさぎます。
シールテープが無ければビニールテープなどでも大丈夫だと思います。



うちのスカウトはこれだけで8〜10%初速がアップし、ダートタグスタンダードブラスターにも引けをとらなくなりました。



せっかくなので手元にあったスタンダードもバラしてパーツを比較してみましょう。



SCOUTMOD07.jpg
上がスタンダードのダーツホルダー。
径が若干太くなっている分、若干短めになっています。



SCOUTMOD08.jpg
プランジャー内部。
赤丸で囲んである部分がエアの噴出口です。
スカウトの方が数が多いかわりに穴が小さいのがわかるかと思います。
スタンダード同様に広口にすればさらに初速があがるかもしれませんが、
私には前述のチューニングで十分だったので実施していません。



SCOUTMOD09.jpg
スプリング。これは下がスタンダードのものになります。
スタンダードの方が長くパワーもありそうですが、スカウトに組み込んでも自由長の違いからか
適切なパワーを発揮できず、かえってパワーダウンしてしまいます。



SCOUTMOD10.jpg
以上、バラしてテープを巻いて組みなおすまで、慣れていれば5分もかからないで行えると思います。



最後になりますが、Nerfは極端なパワーアップを行うとダーツ自身がパワー負けしてまっすぐ飛ばなくなるばかりか
内部の樹脂パーツが破損する恐れがあります。節度をもった改造を行いましょう。



ではでは。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2010/11/12(金) 20:05:56|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今月発売のブラスター、BARREL BREAK IX-2とSPECTRE REV-5の動画をアップしました。 | ホーム | 詳細不明の電動ダートタグ!Dart Tag 20 Blaster(仮称)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://encounter72.blog.fc2.com/tb.php/160-8a69a6bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)