encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

カブトムシ型巨大ロボット・カブトムRX-03と遭遇


今回は久々にブラスター関連の記事ではありません。



某大学の学園祭に巨大ロボットが現れると聞いて偵察に行ってきました。



学内の駐車場に展示してあるとの事で向かってみると



KBT01.jpg
遠くに見える巨大なボディ、あれがカブトムか・・・・・・って



KBT17.jpg
ホントにでかいっ!



このカブトムRX-03はある男性が11年の歳月をかけてたった一人で作り上げたカブトムシ型ロボットで
油圧制御による歩行と各部ギミックの可動を可能にしています。




KBT02.jpg
頭部付近。
カブトムシを模しており、動いているのをみて泣き出す子供もいるほど良く出来ています。



KBT10.jpg
角は上下に可動、触覚を模したアームは上下左右に可動します。



KBT05.jpg
6本の足はそれぞれ独立して動き、プログラム歩行により前進、後退、信地旋回が可能との事です。



KBT06.jpg
ボディ側面には2箇所のハッチがあり、5〜7名が中に乗り込む事ができます。



KBT09.jpg
角にはセンサーっぽい装飾がされています。
KBT14.jpg
また、上部にもハッチがあり、周囲を望む事ができます。
戦車でいえば車長用ハッチでしょうか、子供たちも顔を出してはその眺めに驚いていました。




KBT08.jpg
ボディ中央のハッチは上下する羽根の下に設けられています。
装甲の下にメインハッチと考えれば非常に納得のいく配置です。



KBT03.jpg
左後ろ足。
6本の足で全ての重量を支えている為、頑丈に作られています。KBT04.jpg
足の付け根。
ダンパーや油圧のラインがメカメカしいですね。



KBT13.jpg
車体後部。
本体には4基のアウトリガーが装備されています。
整備したり移動時に分解する際に使用するものと思われます。




KBT11.jpg
左側にはコクピットが設けられ、触覚アームの操作が体験できます。



KBT16.jpg
コクピット内部。
操作系はシンプルにまとめられています。




KBT12.jpg
コクピットの操作で口から謎の煙を吐くカブトム。
子供に大うけのギミックでした。



巨大ロボットというと今は静岡に設置されている1/1ガンダムなどが有名ですが
こういった個人製作のロボットもあるんですね。
残念ながら時間の都合でパフォーマンスの全ては見れませんでしたが
実際に自分の目で見て、大きさを体感できたのは素晴らしい経験でした。



できる事なら上部のハッチにNerfバルカンを設置して、
NERFで武装した2チームでゲームをしたいところ。
ビッグバッドタイタンを対戦車火器に見立ててぶっ放してみたいですw



KBT18.jpg



最後に、別のイベントで撮影された動画がYouTubeにアップされていたのでご紹介します。
ではでは。









ブログを書くならBlogWrite
  1. 2010/10/10(日) 17:02:08|
  2. Weblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エアゾーンのREVタイプ、はたしてその性能は? AIR Zone Tek 6 &Tek 10ブラスターの巻。 | ホーム | エアゾーン用リフィルが発売されていました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://encounter72.blog.fc2.com/tb.php/151-11488a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)