encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

BAREEL BREAKを迎え撃て!Buzz Beeの古参兵、「Double Shot」の巻


昨日の「Nerf N-STRIKE BARREL BREAK IX-2」 の記事の中でも画像を載せました「Buzz Bee Double Shot」、
そういえばまだブログでネタにしていなかったのを思いだしまして、急遽紹介します。



DBS01.jpg
Nerfに次ぐダートブラスターブランド、Buzz Beeのブラスターで発売開始はなんと2002年というロングセラーブラスターがこの「Double Shot」です。
マーベリックやナイトファインダーの発売がたしか2003年なので、それよりも古いモデルという訳です。



Nerfとの決定的に違うのは発射するダートを一度カート(Shellとも言います)に詰めてから装填する事です。
DBS09.jpg
ダートはNerfの物よりも気持ち短い程度で、このブラスターではNerfのリフィルも使用できます。
写真では4本しかダーツが写っていませんが、実際には6本のダーツが付属します。(カートは4つだけ)




DBS02.jpg
ダートを詰めたカートを装填するにはまず本体上部のボタンを押します。



DBS03.jpg
バレル部分が軽く跳ね上がり、装填部が露出します。



DBS04.jpg
ここでそのままバレル部を90度近く回転させます。
これがコッキング操作になります。



DBS05.jpg
中央に見える紐がグリップ部に収納されている発射ギミックと連動しています。
シンプルながらも確実な動作を保障してくれます。



DBS07.jpg
コッキングが終わったらカートを装填します。
スプリングが入っていて押し込むのに反発がありますが、最後まで押し込むと黒いパーツがロックの役割を果たし、固定されます。
このロックはバレルを戻すと解除され、スプリングの力でカートを銃本体部に押し付けます。




DBS06.jpg
黒い◎部分はゴムでできており、前述のスプリングと力を併せてカートを密着させ気密をアップさせます。



DBS12.jpg
トリガーは二段式になっており、浅く引くとまず右側のバレルからダートが発射されます。
深く引くと今度は左側のバレルからダートが発射されます。
強く引くと2発同時発射も可能です。



DBS08.jpg
発射後は再び最初のボタンを押すと、今度はスプリングの力でカートが勢い良く押し出され
排莢ギミックを楽しむ頃ができます。これが意外と楽しいんです。



DBS10.jpg
予備のカートはストックのカバーを開いて収納しておくことができます。



DBS11.jpg
収納スペースは2本が限界です。



射撃性能としては現行のNストライクやダートタグのブラスターと比べると若干見劣りしてしまいますが
それでもロングショットのフロントブラスター程度の飛距離はありますし、なによりカートを使ったギミックは非常に楽しいものがあります。



アメリカでもソードオフした後にペイントしてマッドマックス風にするMODの新作を未だに見かけます。
発売から8年を経て未だに人気衰えず、といった所でしょうか。



私としては射撃性能重視のバレルブレイク、雰囲気重視のダブルショットという様に使い分けていくような気がします。
今回の撮影用に久々に武器庫から出してきましたが、やはり楽しくて撮影時間以上に試射に時間を使ってしまいました。



稀にアメリカの通販サイトでセールされていることもありますのでチャンスがあれば複数引いてMODやペイントしてみたいですね。



というわけで「Buzz Bee Double Shot」でした。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2010/06/03(木) 23:19:06|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マーベリックのチューニングを模索する その1 | ホーム | Nerfも計れる弾速器を買ってみた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://encounter72.blog.fc2.com/tb.php/116-f4f78a3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)