encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

Nerfも計れる弾速器を買ってみた


弾速測定器を買い換えました。



X3200_1.jpg



今まではBB弾専用の物でしたが、今度の物はペイントボールなども測定できるように測定部が大きく開口しているのがポイントです。


現行の各種Nerfダートや
X3200_2.jpg



X3200_3.jpg
古いNerfに使われている。メガダートも測定可能です。
というか、Nerfの測定用に買い換えたと言ってもいいです。



ちなみに、何故にこのような物が必要なのかというと、第一にエアガンのパワーや連射速度を測定し、
メンテナンスやチューニングの目安にするためです。



第二に、法律によるパワー規制に違反していないか測定する為です。
銃砲刀剣類所持等取締法により、気温35度以下の環境で、銃口から1m離れた位置での威力が3.5J/cm2以上のものは
「準空気銃」として取り締まりの対象となります。6mmBB弾を使用するエアガンの場合、0.989J未満、8mmBB弾の場合は1.64J未満で
無いと違法なエアガンとして処罰されます。



もっとも、Nerf等のダートブラスターで3.5J/cm2ものパワーを出そうとすればブラスター自体が壊れてしまうでしょうからこの点は心配は無いと思われます。



ただ、青少年保護育成条例等により、対象年齢10歳以上18歳未満用のトイガンは威力が0.05kgf·m/cm² (0.135J) 以下とされています。
(出典:Wikipedia 銃砲刀剣類所持等取締法 対象年齢10歳以上のエアソフトガン



Nerfは対象年齢8歳以上の玩具ですので、たとえ大人だけが使うような場合でも0.135Jを極端に上回る事は望ましくないと私は考えます。
そこで、きちんと測定をしながらベストなチューニング方法を見つけるべく、今回の買い替えをおこなった訳です。



長い前フリはこの位にして、さっそくテストがでてら手元にあったマーベリックを測定してみます。
このマーベリックは購入時に、一度分解して軽く内部パーツのすり合わせを行った程度の状態です。



測定方法は私がエアガンの調整のときにも使っている「12発撃って、一番高い値と低い値を抜いた10発の平均をとる」方式としました。



mav_st.jpg
最大値の13.38MPS(秒速13.38メートル)と最小値の9.46MPSを引いた10発の平均は



秒速11.72メートル、0.09J 1平方センチあたり0.05Jという結果になりました。



秒速11.72メートル、ダートの飛翔時間が1秒あるかないか、という所からしても体感的にも納得の数値ですね。
今後はブラスター紹介や改造の際にもこういったデータを出していきたいと思います。



また、こういう測定法が良い、などのアイディアがありましたらコメントお待ちしています。
それでは。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2010/06/03(木) 23:18:58|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BAREEL BREAKを迎え撃て!Buzz Beeの古参兵、「Double Shot」の巻 | ホーム | またも新作ブラスター情報。ポンプアクション、リボルバーときて今度は水平2連タイプ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://encounter72.blog.fc2.com/tb.php/115-d0ab6b5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)