encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

シビル・ウォー参戦!NERF IRONMAN STARK STRIKE

いよいよ公開まで1ヶ月となった「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」。

 

アベンジャーズが2つに別れて争うストーリーや今回初参戦のスパイダーマンなど、期待大の本作ですが
過去のMCU映画の例に漏れず当然ブラスターもいろいろと発売されています。

CI01

キャプテン・アメリカの映画ですが、最初に紹介するのはアイアンマンのブラスターです。
アイアンマン大好きなんで勘弁して下さい。

今回のブラスター名は「スタークストライク」。
パッケージのように手の甲側に装着するブラスターです。
アイアンマンの歴代アーマーでも掌や鎖骨付近と並んでウェポンベイとして良く使われる場所ですね。

 

DSC_0091 (2)
ブラスター本体。
全長16cm前後。なかなか大きいです。

 

DSC_0075
腕時計のようにベルトで手で巻く方式です。
私でも巻くことが出来たので大人でも大部分の人は装着可能でしょう。

ベルト部のモールドもちゃんとアーマーのデザイン風になっていて良いです。

DSC_0073
本体後部には2つの黄色いボタンがあります。
上のボタンがダーツ発射用のスイッチ、下のボタンがブラスター展開用のスイッチです。

DSC_0070

DSC_0071
下のボタンを押すと画像のように本体上部がポップアップし発射形態になります。
この時ダーツがニョキッと伸びてくるのが妙に格好いいんです。

DSC_0098 (2)
内部ユニットが白いと言うのも珍しい気がします。
アークリアクターをイメージしているのでしょうか?

DSC_0094 (2)
ブラスター部を閉じた時にコッキングされる仕組みですのでポップアップから発射までに余計なアクションはありません。
このあたりは実に嬉しいのですが、反面発射性能はお粗末です。

弾速も8MPSがやっとで、弾道もヘロヘロです。

ですが、それを補ってあまりあるロマンがあるから問題ありません。

アイアンマン好きなのはもちろんですが、「特撮ヒーローの変身アイテムといえばブレスレット型」世代なので
大人になっても装着できるブレス型玩具にはなんともいえない郷愁を感じてしまいます。

 

ただひとつ、せっかく一撃必殺の隠し武器っぽいデザインなのですからメガダーツで作って欲しかった・・・

ではでは。

 

   

  1. 2016/03/29(火) 20:27:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Amazon.co.jp ナーフストア開店記念!! 今から始めるナーフライフ

※今回の記事はAmazonやタカラトミー公式サイトからの画像キャプチャを多数使用しています。

 

今や説明不要の通販サイト超大手、Amazon.co.jpでナーフの割引キャンペーンをやっています。
以下引用。

 

対象のナーフを2点以上買うと合計金額から500円OFF。
2016年3月17日(木)00時00分~2016年3月31日(木)23時59分(日本時間)まで。
<キャンペーン参加方法>
  • 対象のナーフ2点以上をカートに入れます。
  • カートに入れたまま注文画面に進みます。
  • 注文を確定すると、合計金額が自動で500円割引になります。
  • 注文確定画面で注文金額合計から該当金額が割り引かれていることをご確認のうえ、注文を確定してください。

 

引用終わり。

注意点としてはAmazonマーケットプレイスは対象外なので並行輸入の海外版ブラスターやプレミア付きの販売終了モデルは対象にならない、というところでしょうか。
2016年3月23日現時点での対象品は下のキャプチャ画像の22品です。

AMAZON1

AMAZON2

AMAZON3

 

そこで、今回はこれから新しくナーフを購入してみたいと思っている方向けに私のオススメのブラスター(銃の事です)をご紹介します。
なお、今回の記事は送料のことは除外して考えています。ご了承ください。

何を最初に買うべきなのか?

ここで、2つの選択肢が存在します。
使用するダーツの種類です。

現在、ナーフのダーツには「エリート」と「メガ」の2つの規格があり互換性がありません。

「エリート」は古いブラスターと同じ直径で、性能差はありますがある程度互換性があります。
また、他社のブラスターもこのエリート規格に近いサイズで作成しており、メーカーを跨いで使用できる場合もあります。
メガにはない「吸盤タイプ」があるのも魅力です。

「メガ」は比較的最近生まれた規格で、大型のダーツが鏑矢のように音を立てて飛んで行くのが魅力です。
DSC_1252
白いのがエリート規格の最新型モジュラスダーツ。赤いのがメガダーツです。

対応しているブラスターの見た目の好みで決めてしまっても全く問題ありませんが、まずはエリートの方をオススメします。

タカラトミーは人に向けることを推奨していませんが、的当てに慣れてくるとどうしてもブラスターを持っている者同士で撃ち合いをやってみたくなるのは仕方がないところ。
エアガン同様しっかりとアイウェアを装着すれば危険なことはほぼありませんが、それでもできるだけパワーは低めに抑えたほうが万が一の心配がありません。

大型のメガはどうしてもパワーが高くなりがちです。不要なトラブルを避けるためにもまずはエリートでブラスターの扱いに慣れるといいでしょう。

 

オススメその1 N-ストライクエリート トライアド NCV x2 + N-ストライクエリート ユニバーサル マイクロダーツ

TRD

UMD

 

720円x2 +600円 =2040円 から500円引き、たった1540円で2丁のブラスターと予備ダーツが入手できます。
これに100均で保護メガネを買えば2000円以下で対人戦のシューティングバトルが楽しめます。

 

 

 

オススメその2 N-ストライクエリート ストロングアーム NCV 神連射キット + N-ストライクエリート ファイアストライク NCV

SA

FS

1766円+880円 = 2646円から500円引きで 2146円。

基本にして王道。

リボルバータイプのブラスターにはナーフの魅力がこ全て詰まっていると言っても過言ではないのですが、
中でもこのストロングアームは8年ほど前の第一次ナーフブーム(勝手に命名)の頃の名機「マーベリック」の後継機。
発売開始から3年たった今でも1線級の性能を持っています。

紙連射キットは追加で吸盤式のユニバーサルマイクロダーツが12本付属したお得なパックです。

そしてファイアストライクは単発系ブラスターで最高クラスの命中精度と弾速を誇った「ナイトファインダー」の後継機です。
こちらもストロングアームと同じく第一線のブラスターとして今も生き残っています。

この二丁を撃てばナーフの魅力が存分に伝わると思います。

 

 

 

 

 

オススメその3 スター・ウォーズ ナーフ チューバッカ ボウキャスター + N-ストライクエリート ユニバーサル マイクロダーツ

BOWC

UMD

1947円+600円 =2547円 から500円引きで2047円。某ザらスでのボウキャスターの値段が3599円ですから予備ダーツ付きでこの値段は破格といえます。

発射機構はクロスボルトと同じくゴムの弦を使うタイプですので通常のコッキング方式とは違った動作が楽しめます。
さすがに映画本編の物と比べるとサイズが小さいのが残念ですが、スターウォーズを知らなくても楽しめるブラスターです。

 

 

注意点

初めてナーフを購入する場合、購入を避けるべき物があります。

N-ストライク モジュラス ◯◯◯◯ アップグレードキット

というシリーズです。名前の通り手持ちのブラスターをアップグレードするオプションパーツですのでブラスターを持っていない状態では意味がありません。
ミニ四駆の車体を持ってないのにタイヤだけ買うようなものです。
唯一、ストライク&ディフェンド アップグレードキットはブラスター機能のある単発ブラスターが入っていますが、それ以外はダーツを発射する機能すらありません。
ご注意ください。

そして、次に避けるべきなのは

スピンターゲット

シューティングターゲット

この2つの「的」です。

ナーフはエアガン等に比べ大幅にパワーが無く、わざわざ専用の的など無くても100均の紙コップやホワイトボード、窓なんかを的にしても破壊することはありません。
むしろそういった身近にあるものをターゲットにしたほうが面白いくらいです。
なのでこのターゲット2種類も最初は不要です。

 

 

以上、既にナーフにハマっている人にはあまりネタにならない記だったかと思いますがいかがでしたでしょうか?
新しくナーフにハマってくれる人が1人でも増えてくれると嬉しいですね。

ではでは。

  1. 2016/03/24(木) 17:47:40|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

海外版とここが違う!Nerf N-STRIKE MODULUS RECON MK2国内版

先日記事をアップしたNerf N-STRIKE MODULUS RECON MK2ですが、日本版が発売になる直前、
タカラトミー公式サイトにアップされた画像に衝撃を受けました。

reconkk2

モジュラス付属の10連バナナマガジンには非対応との告知が。
製造メーカーのハズブロ社では改修するとのコメントがあったと海外ブログの情報でしたが、日本版は改修前モデルなのか・・・と落胆していました。

ところが、実際に発売された国内版を買った人のツイート等をみるとバナナマガジンが使えるとの情報が。
リーコンMK2はスルーしてロトフューリーを購入する予定でしたが急遽予定変更、購入してみました。

DSC_0024

・・・と言う訳で国内版の「リーコンMK2(エムケーツー)」です。なぜマークツーではないのでしょう。商標関連でしょうか。
パッケージ裏はいつものモジュラスシリーズの図なので割愛します。

DSC_0029
付属品一覧。
説明書を読むより先に真っ先にマガジン挿入部を確認・・・

DSC_0030

!!!!!!

確かに改修されています。
クリアランス確保のためかナックルガードも若干薄くなっています。

DSC_0039

噂は本当だったんだ、これで内部メカを海外版と入れ替えれば真・リーコンMK2が出来上がるぞ!・・・と思ったのもつかの間でした。

オプションを装着して感じた違和感・・・

 

DSC_0054
上が海外版、下が国内版ですが、ブラスター前面のパーツがごっそり切断された様になくなっており
更にはエクステンションバレルの下面マウントが埋められてしまっています。

 

DSC_0048
マニュアルにはバレル下部にもレイルの表記があるのですが、公式サイトのマガジンの件といい、ハズブロからの情報が錯綜していたのでしょうか?

 

ちなみに、ツイッターのフォロワーさんの情報では海外版でもエクステンションバレルのレイル無し、本体は改修前というものもあるそうです。
以前の記事でも書いたようにこのエクステンションバレルのレイルは短くロック出来ないパーツが多く、ブラスターを振り回せばパーツだけ飛んでいってしまう危険性が有ります。
おそらくは安全上の配慮で本体よりも優先して改修され、その後本体のマガジンハウジング周りを改修したモデルに切り替わった物と思われます。
前面パーツのカットはコスト削減か、今後のパーツ展開上でっぱりが邪魔になったか・・・
設計上の煮詰め具合が足りないこのブラスターだと後者の可能性が高い気がします。

以上の事からレイル付きのエクステンションバレル付き海外版はレアな様です。
知らなかったとはいえ、入手できてラッキーでした。

 

DSC_0036

DSC_0032

とは言え、国内版でもロック機構以外は削り込めばなんとかなりそうな気もします・・・

 

DSC_0044
国内盤ブラスター本体と海外版バレル、さらにまだ国内未発売のオプションをつけたリーコンMK2CQB仕様です。
銃剣はN-FORCEシリーズ同様の仕様で柔らかい素材ですが、念のため人には当てないように。
サイドレイルに取り付けているパーツははグレネード的な物なんでしょうが、特にギミックの無いフォーム素材の塊です。

 

RECONMK2JP

発射性能は国内仕様としては普通かな、と言った感じです。
心配されていたマガジンの問題がなくなったので装弾数が好きに選択できるのは嬉しいですね。

 

兄弟機であるリタリエイターと比べてみると、スライド上のレイルがモジュラス仕様になったことでロックが固くなり
オプションのスコープを付けたままでもコッキングしやすくなったのがポイントです。

逆にストックとバレルは現状だとリタリエイターNCVの物の方が使い回しがし易いので
豊富なオプションが欲しい方はリタリエイターNCVの方がオススメですね。
なにやら出荷数も少ないようであまり見かけませんし・・・

 

ではでは。

 

  1. 2016/03/22(火) 21:27:59|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ポストアポカリプスを生き抜く相棒、NERF DOOMLANDS 2169 PERSUADER

DOOMLANDSシリーズの新作、PERSUADERを紹介します。

アメリカで2016年の新型がいろいろと発表になっていますが、既にアメリカ大手小売ターゲット限定で販売が始まっているのが……

PERSUADER1

DSC_0017

このPERSUADER(パースエイダー)、DOOMLANDSシリーズ初のハンドガンタイプです。

DSC_0002
他のシリーズと大きくデザインラインの異なるドゥームランドですが、このパースエイダーも個性的。
今回は直列の4連バレルを持つ特異なデザインです。

DSC_0004
右側面のギミックが見える透明パーツが左側面はがっかり感のあるグレーなのも健在です。
塗装の省かれていたモジュラスMk2といいコスト削減なんでしょうか、ちょっと残念。

DSC_0005
コッキング形式はスイートリベンジやハンマーショットの様なハンマーコック方式。この角度だとサイズにしては幅広のボディがよくわかります。

DSC_0003
幅広なのはブラスター本体のサイズに対して大径のシリンダーを搭載しているためでしょうか。

DSC_0008
4連のバレルは上に行くほど発射の優先順位が高くなります。
エアルートの関係かパワーも上に行けば行くほど強くなるようです。

パースエイダー

発射音は割りと大きく、力強い感じです。
1点残念だったのが、トリガーガード下部のパーツがグリップを握る中指に干渉しそうになるところ。
個人差があると思いますがコッキング時に擦れて痛かったりします。


DSC_0011

DSC_0009
タクティカルレイルは上面に1本。モジュラスシリーズで豊富になった各種サイトパーツが取り付け可能です。

 

世紀末テイストなデザインとハンマーコックの使いやすさが魅力のこのブラスター、ホルスターを自作して2丁拳銃スタイルも楽しいかもしれません。
そのためにも日本で手に入る様になるといいのですが……

ではでは。

 

追伸:ようやくリーコンMK2のマガジンハウジング削りました。

DSC_0022

これでバナナクリップも使用可能です。
モジュラスのストックも3Dプリンタで自作した強化パーツを取り付け、グラグラフニャフニャ感が無くなり安定した連射ができるようになりました。

 

  

  1. 2016/03/07(月) 14:21:56|
  2. 未分類
  3. | コメント:3