encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

NERFリーコンにWORKER製ポンプアクションキットを組んでみた。

今回はブラスターではなく改造キットの紹介です。

DSC_1431

「WORKER RETALIATOR MODIFIED COMPONENTS」

WORKERという中国メーカーが発売しているNERF N-STRIKE ELITE RETALIATORの改造キットです。

リタリエイターをポンプアクション仕様に変更できます。

DSC_1427

今回はリタリエイターではなく旧モデルのリーコン(クリアバージョン)を使用します。
内部パーツは海外メーカーの金属製トリガーキャッチとみなきちさん作のスペシャルスプリング、通称SPSPを組んであります。

外装はほぼ同一なので今回のキットの使用にはまったく問題ありません。

 

DSC_1436

まず、第一歩にして一番の難関、エクステンションバレルの加工です。

DSC_1438

下面側のタクティレイルの仕切り部分をカットし、滑らかになるように整形します。

DSC_1441

タクティカルレイルの根本までスムースに動くようになったらコネクティングロッドを取り付けます(写真撮り忘れました)

 

加工が終わったらリーコン本体を分解します。

DSC_1443

DSC_1442

赤丸部分のネジをひたすら外し、本体を開きます。

DSC_1444

バネを無くさないように注意しながら内部パーツを外します。
画像ではバレルコネクタもネジ2本抜いて外していますが外さなくてもいけると思います。

DSC_1447

赤丸部のネジを外し、コッキングスライドを外します。

DSC_1448
コッキングスライドのパーツが差し込まれていた部分にキット付属の金属パーツをねじ込みます。

内部パーツの加工はここだけです。

DSC_1453

内部パーツを戻してネジを締め直します。
ついでなので道具箱に転がっていた金属パーツを組んでみました。クリアなので動かすと内部機構がよくわかります。
コッキングスライドのパーツが通っていた溝に、先ほどねじ込んだ金属パーツが引っかからないようスムースに通るか確認します。
溝に対して一点で当たるのではなく面で当たるようにネジの角度を調整すると良い様です。

DSC_1456

エキステンションバレルを取り付け、先ほどの金属パーツとコネクティングロッドをネジ止めすれば動作部分は完成です。
仕上げにコッキングハンドル部分に付属のフォアグリップを付け、好みのクリップを装着しましょう。

DSC_1458
モジュラスの10連バナナクリップ(別売りしないんですかねコレ?)を装着して近接用ショットガン風のリーコンが完成しました。

ちなみにコネクティングロッドの穴は同社が発売しているNERF用20mmレイルが装着できるようです。

試射してみたところポンプアクションも実にスムースで、ノーマルのリーコンよりも格段に速く連射できます。

多少雑に扱っても金属製ということできしみや歪みなどの不安もありません。
むしろ本体のほうが心配になるくらいです。

DSC_1460

リーコン付属のストックではたわんでしまってストックの意味が無いので安定のレイダーストックを装着。
クリップは同WORKER製の15連バナナクリップ。
コッキングスライド上のレイルがなくなってしまった為サイト類はエクステンションバレル上にしか装備できません。

この改造キット、内容は非常に素晴らしいのですが、あえて難点があるとすれば価格でしょうか。

元からの単価に輸入コスト等を考えると、単にポンプアクションのブラスターが欲しければプレ値のレイダーやランページ、アルファトルーパーを買った方が安かったりします。
安い上にスラムファイア機能とドラムマガジンがついてくることを考えると、正直このキットを使う理由は「ロマン」しか無くなってしまいます。

 

まぁ、そのロマンがNerfで一番重要、と言っても過言ではないのですが。

ではでは。

 

 

  1. 2015/11/17(火) 17:51:02|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

謎の中国製ブラスター 峰佳玩具 CYBER HUNTER FJ833 & FJ821

中国からなんとも興味深いブラスターを入手しました。

DSC_1427

峰佳玩具というメーカーのCYBER HUNTERというシリーズのブラスターです。
品名は中国語で読めないのですが型番は下のハンドガンタイプがFJ833、上のライフルタイプがFJ821となっていました。

 

DSC_1443

FJ833の方はパッケージ有り(だいぶ潰れていましたが・・・)で入手できたのですがパッケージ内で既に固定がはずれていました。

 

DSC_1444
このキャラクターはイメージキャラクターなのか、それとも中国でアニメとか特撮ヒーロー物とかやっているのかもわかりません。

DSC_1446
パッケージ裏にはブラスターの名前も書いてありましたが中国語なので発音がわからないうえに日本語フォントに無い漢字のようです。

紹介する側としては非常に歯がゆい気持ちです。

 

DSC_1430

ですが、ブラスターとしてはなかなかの出来です。白と黒のコントラストが鮮やかでモールドも綺麗です。クリアパーツとあいまってなんとなく某ユニコーンの様なイメージ。

DSC_1435
先込め式の単発ブラスターです。コッキングは本体後部を後方に引いて行います。

DSC_1438
上部のクリアパーツにはシリーズのロゴらしきものが。

DSC_1440

フロントには可倒式のピープサイトが装備されています。

写真の様にナーフのダーツも使用可能です。

DSC_1434

大きさはストロングアームと同じくらい。単発式としては大柄です。

そして、今までの写真でグリップに刺さっていた絶縁テープに気づいた方は居たでしょうか?

テープを外し、トリガーを引くと・・・

この様に発光ギミックが発動します。輝度はけっこう高いです。

発射サウンドギミックがあればまさにヒーロー物のなりきりグッズの様です。

 

 

 

そしてもう一方のライフルタイプ。

DSC_1448

こちらは発光ギミックはありませんがストライフ等と同様のピッチングローラー式の電動ブラスターです。

HALOのアサルトライフルに似ていると思うのですがどうでしょう?

 

DSC_1468

サイズは大きめでストック付きのストライフとくらべてもこのとおり。先日発売されたモジュラスのオプション何もつけない状態と同じくらいの全長です。

 

DSC_1471

アクセラレーショントリガーは無く電源を入れるとモーターが周りっぱなしになるタイプです。

その他のギミックは6連マガジンが脱着可能なのとダーツが詰まった際のエジェクションポートが開く(モーターのキルスイッチ付き)くらいです。

 

飛距離は体感で17~20m程度?モーターは高回転型のようでけっこうノイズが大きいです。

また、同じくらいの回転数でダーツを発射してもダーツがバラける傾向があるので一度開けて調整が必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、嬉しいサプライズが。

DSC_1463

なんと、モジュラスの10連バナナマガジンが挿さりました。

マガジンキャッチの位置が違うのでロックはされていませんが十分なタイトさがあるので振り回しでもしなければ抜けることはなさそうです。

ただし、ストレートタイプのマガジンは要注意です。

DSC_1456
マガジンそのものの大きさはあまり変わりませんが・・・

DSC_1457

マガジンのストッパ-の位置が違うため、そのまま挿すと深く挿さりすぎ、すぐにジャムってしまいます。

 

 

DSC_1460

マガジンリップの位置を合わせるには画像の様に若干の隙間を空ける必要があります

DSC_1461

ストレートマガジン側にスペーサーをつけるか、ブラスター側を加工するか、バナナマガジン専用にするかという選択になります。

個体差かもしれませんが、私の買ったブラスターのマガジンはダーツの上がりが悪く、6発詰めても3発程でダーツが上がらなくなってしまいます。

そうなるとブラスター側を加工してナーフのマガジン専用にしてしまっても良いのかな、という気もします。

ドラムマガジンとかも似合いそうですし。

 

 

 

DSC_1454

DSC_1475

付属のダーツはエリート・ユニバーサルダーツのコピー品です。一部は転写シールでロゴが入っています。
残念なが精度はイマイチですね。

 

2丁とも素性はなかなかなので塗装や改造ベースにも良いと思います。

このメーカー、他にも良いデザインのブラスターがあるので日本で入手できるようにならないかな、と願うばかりです。

 

ではでは。

 

  1. 2015/11/08(日) 19:53:21|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

あふれだすデスみ!NERF DoomLands 2169 Lawbringer & Vagabond

お久しぶりです(もはや定番の挨拶)

さっそくですがNERFの新シリーズがスタートしました。

N-STRIKE、N-STRIKEエリート、ZONBIE STRIKEと続く男子系ダーツラインの最新シリーズ。
それが今回紹介する「DoomLands 2169」です。

アメリカで大人気のゾンビ作品のテイスト満載のゾンビストライクに続いては、
今年日本でも熱狂的に受け入れられたマッドマックス的なテイストを取り入れたポストアポカリプス物となりました。

それがこの

 DSC_0506_R
「LAWBRINGER」と

DSC_0503_R

「BAGABOND」です。

 

DSC_0507_R

DSC_0505_R

 
パッケージの裏からも漂う世紀末感がたまりません。

DSC_0538_R

LAWBRINGERは12連シリンダーを持つライフルタイプブラスター。リボルバーカービンと呼べば良いのでしょうか?
バレルとストックが短くディフォルメされていますが雰囲気あります。
付属のダーツはシリーズ共通でうエリートダーツの色変えです。

 

DSC_0539_R

 

マズル部。バレルは最近は標準的になっているライフリング入り。

DSC_0540_R

発射機構はスイートリベンジの様なハンマーコック式です。
発射ギミックが片側透明になっているのもこのシリーズの特徴です。
ブラスターの大きさの割には小型のスプリングがちょっと気になるところです。

DSC_0544_R

ストック後端には片側6発のダーツストレージを装備。シリンダーと合わせて24発携行可能。

DSC_0556_R

ちなみにストック後端はネジを外すだけで簡単に取り外せました。このままグリップを削ってハンドガンスタイルにするのもよさそうですね。

DSC_0553

その場合はダーツストレージはベルトにでもぶら下げるように改造しても面白そうです。

DSC_0548_R

タクティカルレイルは上部に2箇所。レイル部にはスター・ウォーズ系のブラスター同様大型の固定パーツがついています。

気になる発射性能ですが、なかなか良いです。
初速は18後半~19程度で弾道も素直。
ハンマーコックも軽く、連射しやすいです。
これでストックがもっと長いと撃ちやすいのですが、これ以上長いと本来のユーザー層に合わないのでしょうね。

しかし、各種競技で十分主力になるブラスターだと思います。

 

DSC_0509_R

そしてもう一丁のVAGABOND。

ポンプアクションのソードオフ・ショットガンタイプながら6連シリンダーを持つリボルバーでもあります。

 

DSC_0515_R

バレルは途中からカットされ、根本にダーツを給弾します。

 

DSC_0510_R

マズルはガトリングの様に6個穴が開いていますが固定式で、シリンダーだけが回転して常に一番大きな穴からダーツが発射されます。

 DSC_0531_R
LAWBRINGER同様発射ユニットは片側が透明、もう片側はグレーです。
ここは汚し塗装等して雰囲気出したいところです。

 

 

DSC_0534_R

タクティカルレイルは上面に1箇所。スター・ウォーズ系ブラスターのパーツが意外に似合う。

 

DSC_0536_R

似た系統のブラスターとの3ショット。

発射性能ですが、LAWBRINGERを上回る初速で平均21前後でした。
カットされたバレルが抵抗となって威力は落ちるかと思っていましたがそんな事はありませんでした。
さすがは最新型。

ではでは。

 

  

  1. 2015/11/05(木) 22:31:34|
  2. 未分類
  3. | コメント:0