encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

ミニパニッシャー? AirZONE QuickFire Gatling Blasterの巻


このブログのコメント欄でも何人かの方がお知らせしてくれましたが、
日本トイザらスからエアゾーンの新作が発売されています。



クイックファイヤー10ブラスターとクイックファイヤーガトリングブラスターの2種類ですが
地元のトイザらスには片方しか売っていなかったのでとりあえずこちらを紹介します。



QFG01.jpg
「AirZONE QuickFire Gatling Blaster」
見た目と名前の通りガトリングガンを模したブラスターです。



QFG02.jpg
付属品は25発のダーツと給弾ベルト、取扱説明書です。



QFG03.jpg
このガトリングブラスターは単3電池6本を使う電動ブラスターで、ローラー式の射出機構や給弾ベルトなど
同じエアゾーンのパニッシャーに酷似した機構を備えています。
機関部はサイズも近いのでおそらくは設計を流用、簡素化したものなのでしょう。
(パニッシャーにあった一部の安全装置などがなくなっています)



QFG04.jpg
そのパニッシャーとのサイズ比較です。



 



QFG05.jpg
給弾ベルトはパニッシャーと同じ物ですが、輪状につながっています。



QFG09.jpg
一番上が付属のダーツ、真ん中がパニッシャー用のダーツ、一番下がエアゾーン用の吸盤ダーツ。
吸盤ダーツはガトリングブラスターでは発射できませんでした。
以前パニッシャーでも発射できないとの書き込みがコメント欄にありました(私のパニッシャーでは撃てました)が
個体差で撃てる/撃てないがあるのかもしれません。



それと、発射する前にもう一つ注意点が。
私の買ったガトリングブラスターだけかもしれませんが、給弾ベルトを装填しようとしたところ
回転部からグリスがはみ出していました。
QFG08.jpg
念のため空撃ちで1周回転させると結構な量のグリスが付着していました。
これから購入される方は実射前にご確認を。



QFG10.jpg
気を取り直してダーツを装填して給弾ベルトをセットします。
オレンジのシールが貼ってある部分はダーツが入らないダミーカートになっています。
ベルトの矢印に従うとこの位置でセットするのが正しいように思いますが、
ベルトが左から右に動く為、この位置だと1発目がダミーの為空撃ちになってしまいます。
矢印のカートを中央から1個右にずらして装填するのが正解だと思われます。



発射速度はパニッシャーよりは遅いものの、回転するバレルの迫力は同様です。
できれば、ダミーの銃口部分もちゃんと開口していれば良かったのですが・・・
QFG11.jpg
パニッシャーと違い銃口周囲のバレルの部分が露出していないので正面から見ると
ガトリングガンだと分からないのが残念です。



発射性能はパニッシャーよりも飛距離と精度に劣る感じです。
個体差かも知れませんがダーツが左右に振れる時が3発に1回くらいある感じでした。
とは言え、パニッシャーが店頭在庫のみになってしまった今、手軽に買える電動連射ブラスターとしては
なかなか楽しめる1丁ではないでしょうか。



ではでは。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2011/09/27(火) 22:03:20|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nerf WHITEOUT Series LONGSTRIKE CS-6を入手しました


第一報からずっと追い続けていた
Nerf WHITEOUT Series LONGSTRIKE CS-6をようやく入手しました。



WOLS01.jpg
改めて説明しておきますと、ホワイトアウトシリーズはアメリカのウォルマート限定で販売がはじまった
シリーズで、ロングストライク、デプロイ、マーベリック、ナイトファンダーの4種類が白を基調とした
カラーリングに変更されています。




WOLS02.jpg
付属品は通常のロングストライク(日本名スナイパーショット)と同じです。



WOLS04.jpg
コッキングハンドルを取り付ける部分に説明のシールが貼られています。
従来同様ハンドルは取り付けると外せない様になっているので取り付け前に
ピンを削って取り外し可に加工することをオススメします。



WOLS05.jpg
各パーツには丸を組み合わせたパターンがプリントされています。



WOLS06.jpg
組み立てたロングストライク。
個人的には全N-ストライクシリーズの中でも屈指の格好よさだと思います。



WOLS08.jpg
スナイパーライフルにはスコープ、ということでスーパーソーカー用のスコープを。



WOLS09.jpg
このスコープは2011年版のショットブラストに付属するもので、ホワイトアウトシリーズにぴったりです。



WOLS11.jpg
従来のロングストライクと並べてみました。



WOLS12.jpg
グリップや機関部周りの塗装は従来版の方がメタリックで高級感があります。



WOLS13.jpg
クリーニングドアはホワイトアウト版が黒、従来版がオレンジとなっています。
このパーツを交換しても色味的には面白そうです。



WOLS14.jpg



WOLS15.jpg
従来のロングストライクも十分格好良いものでしたが、各部のプリントによって
よりスマートかつスタイリッシュなイメージへと生まれ変わっています。



WOLS10.jpg
是非とも国内展開を期待したいところです。



ではでは。



ナーフ N-ストライク スナイパーショット CS-6
クリエーター情報なし
タカラトミー


ブログを書くならBlogWrite
  1. 2011/09/15(木) 07:27:36|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここ最近のNerf界隈。


しばらく更新の間が空いてしまいました。



今年の夏はギアアップリーコン、マーベリックと色替えアイテムの発売のみでした。
秋には待望の新ライン、Vortexの発売が控えていますが日本では発売が遅れる模様です。



約2ヶ月ぶりに更新された日本公式サイトによるとボルテックス各ブラスター、リフィルは11月発売予定との事。
最初に国内で予約開始されたときにはビジロンとプロトン、リフィルパックは9月発売の予定でしたが
(今でも9月発売予定、と予約を受けているサイトもありますが・・・)
残念ながらプラキス、ニトロンとあわせて11月発売になるようです。



また、海外ではプラキス付属の10連マガジンとディスク10枚のセット「Tech Kit」も発売されるようですが
日本ではまだ発売のアナウンスがありません。



昨年から今年前半の怒涛の勢いから一転、新機種発売の間が開きすぎるのはちょっと心配ですね。



Nerf Vortex Launch Party Teaser



話は変わって、以前お伝えしたN-ストライクの色替え新シリーズ、Nerf WHITEOUTの北米での販売が開始されました。
ラインナップはロングストライク、デプロイ、マーベリック、ナイトファインダーの4機種で
Walmart限定販売という事でなかなか入手困難となっているようです。



通販ページに貼ってあるホワイトアウトシリーズ専用の動画も格好よく、人気なのもうなずけます。




昨年のクリアシリーズの様にクリスマスシーズンに西友での日本発売を期待したいところです。
しかし、そうなると11月のボルテックスと併せて財布が大変な事になりそうですが(笑)



他に気になる動きとしては海外でN-ストライク用のカスタムパーツを作るところがでてきたり
Air-ZONEがN-FORCEの様な剣を発売したりと細かい動きがあるようですが
その辺は入手できたら更新したいと思います。



ではでは。


ナーフ ボルテックスプラキス
クリエーター情報なし
タカラトミー



ナーフ ボルテックスニトロン
クリエーター情報なし
タカラトミー


ブログを書くならBlogWrite
  1. 2011/09/05(月) 20:13:59|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0