encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

超小型ブラスターを携行せよ! BUZZ Bee Tek 3の巻


前回のパニッシャーに続いて、今度はバズビーのバレル回転式ブラスターを紹介します。
しかも、大型ブラスターだったパニッシャーとは逆に、超小型のブラスターです。



 



TEK3_00.jpg
「BUZZ Bee Tek 3」今年バズビーから発売された超小型のハンドガンタイプブラスターです。



TEK3_01.jpg
TEK3_02.jpg
日本ならファミレスあたりで売ってそうなフックトイ風のパッケージです。
バズビーのホームページによると3タイプが発売されているようです。



TEK3_03.jpg
入手している2タイプは成型色違いの完全な同一形状です。



Tek3_11.jpg
未入手の物は細部の形状が変更されているようです。



Tek3_04.jpg
発射方式は後方のホルダー引いてコッキングする、ナーフで言えばEXタイプです。
前面の3本のバレルにそれぞれダーツを装填して発射します。



Tek3_05.jpg
3発同時に発射されるわけではなく、画像の状態で上の位置になっているバレルからダーツが発射されます。



また、小型ブラスターならではの内部スペースの制限でしょうか。
発射した後にバレルは手動で回転させ、発射位置に移動させます。
つまり「コッキング>発射>バレルを手動で回転>コッキング>発射」という流れで発射する事になります。
先込めのEX系の「弾込め」に相当するアクションとして「バレル回転」をしなくてはいけない為、
連射速度的にはあまり変わらないかもしれません。



Tek3_06.jpg
バレルの回転にはしっかりクリックが入っていますが、こういう中途半端な位置で止めてしまうと
コッキングしてあってもエアが漏れてしまいダーツが発射されません。



Tek3_07.jpg
コッキング用のホルダーはキーホルダー状になっており、携帯に便利な様になっています。
(実際、パッケージ裏にはベルトループにぶら下げてる写真が例として載っています。)



Tek3_08.jpg
ナーフのコッキング式ブラスターの中では最小クラスのリフレックスIX-1との比較。
Tek 3の小ささがわかって頂けたでしょうか。



Tek3_09.jpg
CS用の6連クリップとほとんど同じ大きさなのです。



Tek3_10.jpg
このサイズで3連バレル搭載、コッキング式、Nerfダーツ使用可能と魅力的なギミックを搭載していますが残念な点が1点。
シリンダーサイズが確保できないせいでしょうか射程距離が犠牲になっています。



EXタイプ、IXタイプに比べるとどうしても劣ってしまいます。
弾道も山なりになりがちで、的を狙うのであれば同じ対象年齢5+の
BUZZ LIGHTYEAR COSMIC BLASTERの方が優れています。



あくまでも携帯用、とっさの時の反撃用のブラスターとして使用するのが良いようです。
少なくとも、シークレットストライクAS-1よりは即応性には優れていますから。



ではでは。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2010/09/30(木) 22:00:57|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NERFest Fallに参加してきました。


23日の木曜日に東京は新木場で開催されたNERFest Fallに参加してきました。



今回はいつもよりも開催時間が短い代わりに内容の濃いゲームが楽しめました。



第一種目はターゲットクラッシュバトル。
NF09.jpg
2人のプレイヤーの前に5本のペットボトルを並べ、先に相手の前のボトルを全部倒した方が勝ち、というゲームです。
このゲームは事前のダート装填やコッキングが禁止となっているため、
ポイントは正確な射撃はもちろん、すばやいダーツの装填が重要となります。
NF08.jpg
ゲームがスタートするとまずはお互いしゃがんでダーツを込め、コッキングするところから始まります。



装填が楽な先込め式で1発1発確実に狙うか、時間は掛かるものの一撃必殺のAS系でいくか、
あるいはバランスに優れるマーベリックやCS系を使うか、各プレイヤーの判断が分かれるところです。



私は装弾数と連射性能に優れるアルファトルーパーCS-18を改造し、若干初速を上げた物にリーコンのストックをつけて
連射時の安定性をあげ、さらに弾詰まりの危険性がある18連ドラムマガジンではなくスタンピードの18連ロングクリップを使用し
動作をより確実な物として挑戦しました。



ゲーム中の動画を撮ってありますのでご覧ください。



NERFest Fall Target Crash Battle



と言うわけで3回戦で負けてしまいました。
アルファトルーパーのままなら負けなかったかも・・・と思いつつも勝負に「もしも」は無いので
判断ミスをした自分の負けを素直に認めたいと思います。



決勝は今回初参加のヒデヲさんと「飲みナーフ」を主催しているt2さんの対決となりました。
ヒデオさんは今回随一の命中率で、大会中になんと5発で5本のペットボトルを落とすパーフェクトを達成しました。
両者ともマーベリックを使用する決勝の行方は!?



NERFest Fall Target Crash Battle Final



なんとヒデヲさんが初参加にして初優勝となりました!
NF10.jpg
優勝がヒデヲさん、準優勝がt2さん、3位がキングさん(私が負けた相手になります)
上位3名が賞品の国内未発売ブラスターをゲットしました。



第2種目はダートタグゲーム。
NERFestでは初めて本格的にダートタグとスコアベストを使ったゲームとなりました。



NF03.jpg
今回の障害物はこんな感じで施設の道具をお借りました。



1チーム4人編成で、そのうち1名がボスとしてスコアベストを装着、制限時間のある撃ち合いゲームをし、
スコアベストに付いたダーツが少ないチームが勝利となります。



ブラスターは各チームにダートタグ・ハイパーファイア 4丁とラピッドファイアAS-20 1丁が支給され、
それとは別にボスは自分で持ち込んだブラスターを使用できます。



ボス以外の人間はヒットされたら自陣最後部に下がり、壁か床に手を付いて10数えないとゲームに復活できません。
自分のチームのボスを守りながら敵のボスにダートを命中させる戦略性の高いゲームでした。



ボスはどうしても自陣のバリケードにこもる事が多くなるので、攻撃のパターンとして多かったのが




NF07.jpg
NF06.jpg
中央の跳び箱バリケードで隙を伺い、チャンスと見るや正面から接近して上から攻撃するパターンと



NF04.jpg
NF05.jpg
同じく隙を突いて側面から奇襲するパターンです。



相手のプレイヤーが10秒のペナルティを受けて、相手の人数が少ないうちに
奇襲をかけていたチームがあり、見事なものでした。



このゲームは私の所属するチームが見事全勝で1位を獲得しました!
ボス役の人にスタンピードを使ってもらい後方から弾幕を張ってもらったのがよかったのかもしれません。
後方から絶えず電動の発射音がして援護されているのは前線でも非常に安心感がありますね。
来月の日本発売以降はさらなる戦術の研究が必要になると思われます。



最後に定番の自慢大会を行い、私も日本未発売のブラスターをいくつか紹介してイベント終了となりました。
次回のNERFestは冬に開催となるようです。



ではでは。


2010.09.26 ヒデヲさんの名前が間違っていたので修正しました。失礼致しました。




ナーフ N-ストライク アルファトルーパー CS-18
クリエーター情報なし
タカラトミー

ナーフ N-ストライク マーベリック
クリエーター情報なし
トミーダイレクト

ナーフ N-ストライク ブレージングバースト
クリエーター情報なし
タカラトミー


ブログを書くならBlogWrite
  1. 2010/09/25(土) 21:49:19|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あのガトリングブラスターがまさかの国内発売!パニッシャー電撃参戦!


ビッグサプライズです。



米トイザらスだけで販売されてたブラスターブランド「AirZONE」を日本のトイザらスが取り扱い始めました。



しかも、いきなりの大型商品投入です。
あのNerfバルカンのライバルとして生み出された
なんとAirZONE史上最大のブラスター「パニッシャー」を投入してきたのです。



347781900A.jpg



日本での商品名は「エアゾーン パニッシャー・モーターガトリングダーツブラスター」(以下パニッシャー)。



トイザらス限定で価格は5999円、オンラインショップや仕入れの早い店舗では既に販売が開始されています。
地元のトイザらスで確認したところ「9月下旬から随時各店舗に入荷するので、確実に入手したいのならネットがおすすめ」との事でした。



このパニッシャーは昨年のクリスマス商戦に合わせてアメリカで発売されました。
バルカンと同じく単1電池6本を使いフルオートで連射可能、アモベルトはバルカンよりも長い30連、しかも銃身が回転するガトリング式という
完全にバルカンを意識した仕様になっています。



私もアメリカでの発売に合わせて入手していましたが、このブログでは紹介していませんでした。
春の関西イベントには持っていったので現地で体験された方もおられるのではないでしょうか。



PANI01.jpg
パニッシャーには本体のほかに30連アモベルト、ベルトを納めるアモボックス、30発のダーツが付属します。



PANI02.jpg
アメリカでは同じ時期に発売されたレイダーとサイズ比較。



PANI04.jpg
アモベルトは黒く、リンク部分はピンで止められています。
簡単な改造で複数のベルトを繋げる事も出来そうです。



PANI05.jpg
付属のダーツとNerfダーツの比較。
一番左の水色の物が付属品です。
ベルトからはみ出さないように平坦な形状になっており、吸盤等にはなっていません。
PANI06.jpg
よこから見たところ。
スッポリとベルトに収まっています。
Nerfのダーツもこのベルトに収まるようにカットすれば使用可能です。



PANI03.jpg
ベルトにダーツを装填しボックスに収納、本体と接続すれば発射の用意が整います。
ちなみに、ただの収納ケースだったバルカンのボックスとは違い、このボックスが安全装置をかねています。
ボックスが接続されないと電源を入れてトリガーを引いてもバレルが回転するだけで発射ギミックは作動しません。



PANI08.jpg
上方からのアングル。
まるでゲームセンターのガンシュー筐体のようなサイズとカラーリングです。



PANI07.jpg
上部のキャリングハンドルとガングリップで安定した射撃が可能です。
電源スイッチはガングリップの底部付近にあります。



PANI09.jpg
私がよくやって遊ぶのは上の画像の用にブラスターの上下を逆にしてキャリングハンドルを持ち、
ブラスター本体を腕に乗せるような感じで保持、グフカスタム状態で撃ちまくる!
ちなみにこの状態でも問題なく動作します。



ここまで見て「凄ぇ!欲しい!」と思った貴方にひとつだけ残念なお知らせがあります。
このブラスターの最大のギミックであるガトリング式のバレルなんですが・・・実はダミーです。



ダーツが発射されるのは真ん中のオレンジ色の部分からで、周りで回転している4本のバレルは飾りなんです。



347781900B.jpg
まさにこのイメージ図の様に真ん中から発射されます、リアル派の方はご注意ください。
「いいんだ、回転式は男のロマンなんだよ!」という貴方には今すぐ購入をオススメします。



とはいえ、ブレイジングバーストよりも早く、安価に電動ブラスターが発売されるとは思いませんでした。
しかもトイザらスからとは。
きっとこれもNerfの売り上げが伸びていて、トイザらスでも需要があると判断されたんでしょうね。
この調子で他のAirZONEブラスターやBuzz Beeのブラスターも発売されるといいですね〜。



という訳で最後にパニッシャーの動作している動画を載せて今回の記事は終了です。
高速回転する銃身とバルカンよりも早い怒涛の連射をご覧ください。
専用ダーツ何本か無くしてしまったので最後の方何発か空撃ちになっちゃってますけどw
ではでは。



エアゾーン パニッシャー・モーターガトリングダーツブラスター



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2010/09/21(火) 22:18:17|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

当ブログの画像等データの転載について


NERF関連のブログで無断転載にまつわるトラブルが起きているようですので
当ブログでの取り扱いを規定しておきます。



・商品のパッケージ画像、ブラスター本体の画像、測定テストの結果については転載可。



・MODやリペイント等、なんらかの加工を施した物の画像、図面については転載不可。



とします。



最近このブログはもっぱら海外のNERF新製品を紹介するブログとなっていますので
国内のサイトではここにしかデータのないブラスターもあります。
そういったブラスターを他のブログで紹介、解説する際の参考として画像が必要な場合があると思いますので
その際には「商品の紹介」として転載していただいてかまいません。
私もバリケードやスタンピードの第一報のように海外のサイトから転載を行いますし、
そこまで制限してしまってはあまりにも不自由かと思いますので。



しかし、MODやリペイントを施したカスタム品や図面等は「商品」ではなく「作品」ですので
作者本人の管理の及ぶ範囲での公開が望ましいと思います。



ましてや、今回問題になっている様な「人の作品を自分が作ったとして転載する」といった
作者の名誉を傷つける行為は許されません。



例えるならば、夏休みの宿題でクラスメイトが書いた絵画や読書感想文を盗み、
なにくわぬ顔で自分の名前で提出する、というような卑劣な行いです。



ネット上で見つけた素晴らしい物を紹介する意味でアドレスを貼ったりトラックバックを行うのなら話は分かりますが
それを自分で作った物だと偽る行為は、その作品が素晴らしければ素晴らしいほど、真実が分かった時に
嘘を付いた自分の評価を下げる事になります。



この件について、後は当事者同士で解決していく事だと思いますが
私が望む事は、もし面白い物、楽しい物、素晴らしい物を見つけたら
作者に敬意を払い、感じた気持ちを嘘偽りなく記して欲しい、それだけです。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2010/09/20(月) 20:44:59|
  2. Weblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダーツを携行し、戦いに備えろ!N-STRIKE AMMO BAG KITの巻


スタンピードに続いて、アメリカで発売された秋の新商品が到着しました。



AMBG01.jpg

AMBG02.jpg
「NERF N-STRIKE AMMO BAG KIT」、バンダリアキット、タクティカルベストに続く身に着けるタイプのオプションです。
アモバッグ、直訳すると弾薬袋ですが、その通りダーツとダーツを収めるバッグのセットになります。




AMBG04.jpg
アモバッグ本体。
グリーン系のドット迷彩(スナイパーショットやレイダーの本体にあるような四角形を並べた迷彩)が施されています。




AMBG05.jpg
裏側にはベルトループが2本付いています。



AMBG03.jpg
パッケージ裏の装着例。
ベルトに付けたり、バンダリアキットに付けたりするようです。



AMBG06.jpg
バッグの中。
中央にマジックテープが縫い付けられており、間仕切りのパーツ(こちらもドット迷彩記事)が付いてきます。




AMBG07.jpg
間仕切りを取り付けると2種類のアイテムを分けて収納できます。



AMBG09.jpg
付属品のダーツも迷彩使用のカモ(カモフラージュの略)ダーツです。
先端は吸盤になっており、マイクロダーツの色変え+プリント品となります。
このアモバッグには50発ものカモダーツが付属します。



AMBG08.jpg
マイクロダーツとの比較。
カモダーツは屋外で撃ったらたぶん見つけられないと思います。



AMBG10.jpg
カモダーツ50発はアモバッグの半分のスペースにちょうど収まります。
つまりダーツだけなら100発分を入れる事ができる訳です。
マイクロダーツ50発、ダートタグダーツ50発とか2種類のダーツが混じらないようにできるのはいいですね。



AMBG12.jpg
ストリームダーツの場合は上の写真の様にクリップに詰めてバッグに入れる方がいいかもしれません。
片側に4本、計8本のクリップを収納できます。



AMBG13.jpg
ちなみにアルファトルーパーの18連ドラムも2本収納できます。
持ち運びの難しいドラムもこれなら無理なく携行可能です。



ちなみにレイダーの35連ドラムはさすがに入りませんでしたw



 



なお、アメリカではアモバッグは3種類が発売されているようです。
紹介したグリーン迷彩のマイクロダーツ仕様の物と



AMBG11.jpg
ホワイト/グレーを基調とした迷彩のソニックダーツ仕様(こちらも入手済みです)、



さらに現用のACU風のパターンを使用したストリームダーツ仕様の物があります。
41RslTv8CFL._SL500_AA300_.jpg



ストリームダーツ仕様の物は注文を終えた後から知ったので入手できておりません。
サバゲ用にACU装備を持っている事もあって、一番欲しかったりします。



 



オプション系の販売が少ない日本での発売は難しいかもしれませんが、
こういった物があると雰囲気がでますし、1種類だけでも発売してもらいたいものですね。



ではでは。




ナーフ N-ストライク ダブルマガジンキット
クリエーター情報なし
タカラトミー



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2010/09/19(日) 10:37:18|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年最大の話題作、電動フルオートブラスターSTAMPEDE ECS!


ようやく到着しました!




謎のブラスターとして1枚の画像がネットを駆け巡ってからずっと当ブログでも追いかけてきたスタンピードが!




ついに!




我が家に届きました!




STP01.jpg




STP02.jpg




最初はゲームに登場するスパルタンNCS-12の製品化かと噂され、
スタンピードECS-50として予約がはじまったと思えば突然データが削除されたりと話題に事欠かなかったスタンピードが
ついにアメリカやアジア各国で発売が開始されました。




日本では「ブレイジングバースト」の名前で10/21に発売予定ですが
今回も先行入手した海外版でレビューしてみたいと思います。




STP03.jpg
パッケージ内箱。
巨大なブラストシールドが一際目を引きますね。




STP04.jpg
内容物一覧。




すさまじい量のダーツが付属していますが、それもそのはず、
18連ロングクリップx3、6連クリップx1の計60発分のダーツが付属しています。
先行して発表されていた「ECS-50」の型番、発表された当初は50連ドラムとか50連ボックスマガジンとか
いろいろ妄想したものですが実際にはこの付属クリップ全ての装弾数を示していたのですね。
※興奮のあまり小学生レベルの算数間違ってました。全てのクリップを使えば計60発ものダーツを携行できます。




STP05.jpg
アルファトルーパーの18連ドラムと同じ装弾数のロングクリップですが、ストレートマガジンでこの装弾数は圧巻です。




STP06.jpg
スタンピード本体。
H&K G36の様な未来系アサルトライフル風デザイン。
しかも今回はフルオートなのでまさにアサルトライフル。




STP07.jpg
フロント周り。
上面x1、両側面に各1本、下部に2本、キャリングハンドルに1本の計6本のタクティカルレイルが装着されています。
製品名は「STAMPEDE ECS」なんですが刻印は「-50」まで入っています。




STP09.jpg
中央付近。
クリーニングドア脇の緑のサインは、ポートがしまっていることを示すレディインジケーターです。
ドアが開いている(インジケーターが緑になっていない)とトリガーを引いても電動ユニットは動作しません。




この画像で確認できると思いますが本体にはレイダー、スナイパーショット同様のデジタルカモパターンが採用されています。




STP08.jpg
トリガー周り。
トリガー上のセレクター風のスイッチは実際には電源スイッチでした。
セレクター上が発射可能、下が発射不可(電源オフ)で、セミオート機構は搭載されていませんでした。
ちょっと残念ですが、指切りで十分セミ・フル撃ち分け可能です。
トリガーの前はマガジンリリースボタン、コッキング式のブラスターと違い、ボルトオープンしなくても抜き差し可能です。




 




STP21.jpg
反対側から。
実銃なら廃莢ポートがある位置がクリアパーツになっており、発射メカニズムが可動するのが確認できます。




 




STP10.jpg
電池ボックスは大方の予想通りストック部分でした。
単1電池6本の重さはずっしりきますね。




 




STP19.jpg
6連クリップを装着。
短くてボリューム(と弾数)が不足気味ですが、トリガーガードと同じ高さでスマートなシルエットに。




STP15.jpg
付属パーツのポップアップバイポッドとロングクリップを装着したところ。
スタンピードの基本形態がこれになります。




ポップアップバイポッドはフォアグリップからボタン1発でバイポッドに変形する便利オプションです。




STP11.jpg
バイポッドを展開し、ブラストシールドを装着したスタンピード。まさに砲台です。




STP12.jpg
後ろから見たところ。
結構な大きさがあるのでブラスターを構えている時は顔への弾は防いでくれるかも。
しかし、それでも撃ち合いをする時は必ずゴーグルをしてくださいね。




ちなみに、キャリングハンドルにはフラッシュブレイク同様にピープサイトが付いています。




STP16.jpg
スタンピードとスナイパーショット本体のサイズ比較。
ストックからトリガーまでの位置関係がほぼ同じですグリップがスナイパーショットに比べて起きているので
大人でもしっかりとポジションがとれます。
また、ストック内の電池の重みが効いていて、肩付けした際の安定感はかなりの物です。
がっちり肩付けして構え、フォアグリップで左右に振りつつフルオートで制圧するような撃ち方が基本になるかと思います。




 




STP14.jpg
恒例の組み換え。
ロングショットのスコープ+レイダーの35連ドラムマガジン。
バルカン以上の装弾数と機動性を併せ持つ支援火器。




STP13.jpg
チームに一人居たら頼もしいでしょうね。




STP20.jpg
一方こちらはタクティカルスコープに18連ミニドラムを装着し、フォアグリップを前方にシフト。
ロングクリップよりも取り回し重視のセッティングで前線を縦横無尽に駆け回ります。




STP18.jpg
バイポッドをとスコープを装着し、完全なスナイパーライフルとなったスナイパーショット。
安定した弾道で後方から敵を狙い撃ちます。




さて、肝心の実射性能ですが、これは実際に見てもらった方が早いと思いますので
近日撮影予定の動画にて詳しくご説明します。




また、9/23のNERFestに参加される方には実際に体験して貰えるようもって行くつもりです。
ではでは。



















ナーフ N-ストライク ブレージングバースト
クリエーター情報なし
タカラトミー



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2010/09/16(木) 23:22:09|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無限の彼方へ さあ行くぞ!BUZZ LIGHTYEAR COSMIC BLASTERの巻


スタンピードの到着が近づきテンションもあがっておりますが
今回紹介するのはマテル社のブラスターです。



buzz01.jpg
「TOY STORY 3 BUZZ LIGHTYEAR COSMIC BLASTER」



説明不要の人気CGアニメーション映画、トイストーリーに搭乗する主人公のひとり、
バズ・ライトイヤーをモチーフにしたブラスターです。



映画の3は見てないんでわかりませんが、こんなかんじのブラスターをつかうんでしょうかね?



buzz02.jpg
パッケージ裏。
対象年齢は5+とナーフよりも低めに設定されています。



buzz03.jpg
ブラスターと付属のダーツ3本。
真っ赤なダーツがクリアナーフシリーズを先取りしてます。
弾頭は吸盤やホイッスルではなく普通のゴム弾頭です。



buzz04.jpg
サイズはナーフのものとほとんど同じで、ナーフのダーツも発射可能です。



 



buzz05.jpg
銃口は3つありますが、上側の2つはダートストレージで、発射ギミックがあるのは
下の1つだけです。



buzz06.jpg
後部のボルトを引いて発射する方式、ナーフで言えばEXタイプですね。




buzz08.jpg
トリガーを引くとライト&サウンドギミックが動きます。
サウンドは数種類あり、どれも古きよき銃玩具を彷彿とさせるピコピコ音ですw



buzz09.jpg
本体側面にはスリットがあり、パッケージによると「ズボンに引っ掛けて持ち運べる」という事です。
この細さ&パーツの薄さだとすぐ壊してしまいそうな予感が・・・



対象年齢が低いこともあり、飛距離はナーフには及びませんが、EXタイプということで弾道は素直です。
2〜3メートル先のペットボトルくらいなら十分当てられるくらいの性能はあります。



buzz07.jpg
ナーフのダーツを使っても性能はほぼ変わりません。
というか、付属のダーツを使うよりマイクロダーツを使ってくっつけて遊んだ方が楽しいので
マイクロダーツ推奨ですね。



buzz10.jpg
そういえば、パッケージ裏には他にもバズのなりきりトイが紹介されていました。ガントレットはともかく・・・ウィングパック・・・おそるべしアメリカ。




トイ・ストーリー スペシャル・エディション [DVD]
クリエーター情報なし
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント

トイ・ストーリー2 スペシャル・エディション [DVD]
クリエーター情報なし
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント


ブログを書くならBlogWrite
  1. 2010/09/15(水) 21:56:00|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スタンピードCM動画

YouTubeでコマーシャルが公開されましたね。
私の手元にも今週中には届くはずですので
届き次第記事を公開しますね。

Nerf 2010 Commercial - N-Strike Stampede ECS blaster



ナーフ N-ストライク ブレージングバースト
クリエーター情報なし
タカラトミー

  1. 2010/09/12(日) 14:40:06|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NERFest Fall募集開始


先日告知しましたNERFest Fall、募集開始しておりました。



以下転載



-----------------------------------------------------------------------



お待たせしました。
募集開始です。



■NERFest Fall
■場所;東京スポーツ文化館 マルチスタジオ
 URL:http://www.ys-tokyobay.co.jp/
■日時:2010年9月23日(木曜日)
    13:30〜17:30
■会費:1000円(ダーツカンパ、準備費用など込み)
■定員:30名
■装備:上履き、着替えなど(かなり汗かくと思います)
■内容(予定)
?ゲーム:ターゲットクラッシュバトル
それぞれ自分の横に空になったペットボトルを置き、向き合って立つ。
合図と同時に相手の横にあるペットボトルを撃ち合い、早くヒットして倒した方の勝ち。
?チーム戦:ダートタグゲーム
・チームリーダーを決め、リーダーにはダートタグベストを着ていただきます。
・メンバーにも当たり判定ありなので撃たれたら場外に出て10秒数えてからインします。
・リーダーは撃たれてもペナルティーはありませんがダートタグはとってはいけません。
・ゲーム時間は3分(予定)、リーダーのベストに付いたダートで勝敗を決めます。
・ブラスターは運営側で用意したもののみしか使用できません。
■参加規程
・ダート(日本で正式発売されるダート)は開催側で
 用意いたしますので持ち込まないでください。
・ただし特殊なダートについては持ち込みください。
・ブラスター、特殊なダートは自己管理でお願いします。
 (なくなっても泣かない)
・施設外での遊戯は施設ご利用者に迷惑になりますので縛り首にします。
・今回もお子様のご参加はご遠慮ください、ほんと申し訳ありません。
・子供っぽい大人の場合は問題ありません、みんなそうです。
・でも怪我しないように注意、怪我しても責任取れませんからね。
・施設にはサウナもあります。汗を流して帰るのもおつですよ。
・荷物は現地に宅配便で送れます、ご相談ください。
■応募について:
下記項目をメール(blastertoy@gmail.com)にてご送信ください。
・タイトル:NERest Fall参加希望
・本文
・氏名:(ハンドル名でOKです)
・e-mail:
・コメント:(何かあれば)



いつもは2コマ使っての長丁場ですが、
今回は1コマ4時間勝負です。
中身の濃くいきますよ!
では応募よろしくお願いします。



-----------------------------------------------------------------------
転載終わり



私もスペクターやバレルブレイクなど(間に合えばスタンピードも)国内未発売ブラスターかついで参戦します!
今回はスピードも必要な精密射撃競技とチームワークが必要な撃ち合いということで腕がなりますね、練習しておかねば。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2010/09/07(火) 19:15:28|
  2. Nerf
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0