encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

25日の買い物





アフタヌーンも買いました。
西浦の夏が終わった・・・・・・長かった……もっと見ていたかった。



狼と香辛料? 支倉凍砂 著



くらしのいずみ 谷川史子 著
 谷川さんの漫画は相変わらず読んでいて悶絶して転げまわる王道少女漫画ですなぁ。



金剛番長(1) 鈴木央 著
 番長学園RPGをプレイした事ある人間としては読まずにはいられないww



謎の彼女X(3) 植芝理一 著
 とりあえず連載で読んでいるのでGoTo未読タワー。
 まとめて読むと谷川さんの漫画並みに悶絶しそう。



3月のライオン(1) 羽海野チカ 著
 週末にきっちり読みこんでいきたい。



空色海岸(4) 山田南平 著
 ようやく話が軌道に載ってきたかな、といった感じで一安心。
 デフォルメ絵が増えてきて、UP絵が変わってきたような感じがする今日この頃。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2008/02/28(木) 22:32:33|
  2. 買い物記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めての味





画像はアナゴとタコの刺身@神戸
アナゴはまだ小さいアナゴと思われますが、しっかりと本来の脂の香りを主張します。
食感は太刀魚とキスの中間くらいの感じで、シコシコした感覚が面白い。
辛口の灘の地酒と良くあっておりました。



初めて生で食べましたが、なかなかに美味。
地元でも食える店は無いものか・・・・・・



タコは明石で採れた物らしく、甘みが強くて身の張りも抜群でした。



海無し県に住んでいる人間としてはこういう鮮度抜群な物にはとても弱いのです。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2008/02/21(木) 22:19:52|
  2. Weblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立ち食い専用?



神戸旅行の際に立ち寄った大阪での一枚。
やってるんだかやってないんだかわかんない電気屋の前に
動いているんだか動いていないんだか分からない自販機。

ブログを書くならBlogWrite
  1. 2008/02/20(水) 23:57:03|
  2. Weblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行に行ってきました





前に書いたコメントの通り、神戸に旅行に行ってきました。
ギレンに熱中して更新していなかった訳ではなく、携帯から更新できるようにしていなかっただけなのです。



小学校低学年の頃に家族旅行に行ったきり(震災前)なのでほとんど知らない街を数日間ぶらぶらと歩くというのは
なかなかに面白い体験でした。



しばらくはこれをネタに更新できるな、とか思って見たり。



画像は神戸三宮の花時計。
ここに付く頃には三宮、元町を歩き尽くめでかなり足が痛かったのです。
あと修学旅行だか遠足だかの中学生のグループがあちこちに居て、
無邪気な子供のあやつる微妙に毒っ気のある関西弁を久しぶりに聞いて、おもわず自分のしゃべりの
イントネーションも関西準拠になったりしてしまいました。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2008/02/16(土) 22:04:12|
  2. Weblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

総帥の野望





待ちに待ったゲームがついに発売!



「機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威」PSP用ソフト



「ギレンの野望」シリーズはセガサターンで最初に発売され、PS・PS2・PS版のベタ移植のPSP版が発売されていたSLGでガンダムゲーの中では「Gジェネレーション」シリーズとほぼ同時期に始まったシリーズながら「地味・難しい・長い」などと一般SLGで良く聞く常套句で敬遠されがちながらも「だが、そこがいい」と一部のファンから支持され続けるシリーズなのです。



今回は前作(PS版のベタ移植)から待望の完全新作、今までのシリーズでは登場しなかった世代のMS、キャラクター(1年戦争〜逆襲のシャアまでを収録)が出ると期待満々で待ち構えておりました。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2008/02/08(金) 23:09:03|
  2. Weblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のお買い物





アオイホノオ (1) 島本和彦 著
島本和彦さんの大学時代をモチーフにした自伝的作品がついに単行本化。
新・吼えろペンの様に熱くスパークする島本節は控えめですが、若い頃の不完全燃焼っぷりが
タイトルどおり青く燃えています。



ナツノクモ (8) 篠房六郎 著
発売までなんとも長かった最終巻がようやく発売。
今月はアフタヌーンで新連載も始まって、篠房さん再始動といったところでしょうか。
前巻まだ読んでないので積読。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2008/02/06(水) 22:16:01|
  2. 買い物記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0