encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

NERFは男子だけのものじゃない!NERF Rebelle HEATBREAKER BOW PHENIX

アメリカで発表された際に一部で話題となった女子向けNERFシリーズ Rebelle(レベル)がまさかの日本上陸です。



DSC 1304 00001



NERF Rebelle HEATBREAKER BOW PHENIX



レベルシリーズの主力アイテム、日本では初となる弓型ブラスターです。



(かつてトイザらス限定のAIR ZONEで弓型のブラスターを出していましたが)



このフェニックスというピンク系とヴァインというブルー系の2種類のカラーバリエーションが発売されています。



DSC 1310 00005



ブラスター本体はスマートな弓型をしています。



DSC 1315 00010



本体のダーツホルダーは取り外し可能です。



取り付けはNERF共通のマウントレイルですが、位置的に他のオプションは装備できなさそうです。



弦に取り付けられたアームは握りやすく、弓を引くのも軽く扱いやすいです。



(その分飛距離が海外版と比べて10mほど落ちていますが・・・)



DSC 1317 00011





ラフカットとサイズ比較。本当はビッグバッドボウと比較したかったのですがすぐに出せなかったので。



感覚的にはビッグバッドボウよりやや小さい様な気がします。



過去に紹介したビッグバッドボウやスコーピオンボウは弓を引いてコッキング、トリガーで発車するメカニズムですが



このハートブレイカーボウは弦に装着されたアームを引いて離すだけで発射可能となっています。



DSC 1308 00004



この発射ギミックが非常に楽しく、何度も装填、発射を繰り返してしまいました。



ナーフのダーツは短くて矢と呼ぶには物足りませんが、やはり弓を構えて狙ったところに矢が飛ぶのはなんとも言えない楽しさがあります。



今まで発売されたダーツはすべて使えますので、吸盤式のマイクロダーツを使うのがおすすめです。



DSC 1320 00013



付属のダーツは5本。レベルシリーズ限定のプリントがされたデコダーツです。



プリントが削れたり無くすのが嫌で使えなさそう。





このレベルシリーズ、気合の入ったのPVが公式サイトやYouTubeで公開されています。



力の入ったプロモーションに今後の展開も楽しみにしたいところですね。



ではでは。



ナーフレベル PV




ナーフレベル ハートブレイカーボウ ヴァイン
クリエーター情報なし
タカラトミーマーケティング


ナーフレベル ハートブレイカーボウ フェニックス
クリエーター情報なし
タカラトミーマーケティング

  1. 2014/08/24(日) 11:35:35|
  2. Weblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀河の守護者のブラスターがご家庭に!? STAR-LORD QUAD BLASTER

気がつけば1年以上も更新していませんでした。6mmの弾が出る方にばっかりかまけてスポンジダーツを撃つ方は疎かになっていましたが今回はワンフェスでなかなか面白いブラスターを入手したのでご紹介します。


DSC 1286 00001


「STAR-LORD QUAD BLASTER」


映画「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」の主人公、スターロードが使う(?)ブラスターです。日本ではまだ公開されていないので実際こういった武器が登場するのかはわかりませんが・・・



DSC 1257 00001


パッケージ表。スターロードはマスク着用時の姿で描かれています。肖像権の関係でしょうか?



DSC 1287 00002


ブラスターは上下にバレルが配置され、2本のトリガーがある変わったデザインです。一見上下対象にも見えますが上側のユニットの方が大きくなっています。レトロSFの様な、未来的な様な、味のあるデザインです。?


DSC 1288 00003


グリップにはカーボン風のパターンが綺麗に並んでいます。後端上下のオレンジ色の部分を後ろに引っ張りコッキングします。上下一緒ではなく、別々にコッキングが必要です。スライド後端がアナログなボリュームの様な形状になっているのも好みです。?


DSC 1303 00018


オレンジの成型色にくすんだシルバーの塗装がされており、ダメージ風のペイントもいい感じです。


2本並んだトリガーは単純に上下の撃ち分け用かな、と思っていたのですが予想を裏切られました。下のトリガーを引くと・・・


DSC 1289 00004


バシャッとバレルカバーが開き、上下2連x2のバレルが現れます。この下トリガーは2段式になっていて、1段階引くと ・・・


DSC 1293 00008


上部のカバーだけが開き、トリガーを引き切ると下部のカバーが開きます。


DSC 1296 00011


カバーを戻すのは手動です。私としてはこの上部カバーだけ掛かっている状態が一番格好良いと思います。


発射ギミックもなかなか凝っています。先ほど書いたようにコッキングは上下別々に行います。発射用のトリガー(2本あるうちの上の方)は上下共通のトリガーになっておりコッキング済みであれば上下同時に発射します。とは言っても4発同時に発射されるわけではなく上下1発づつ、計2発に同時発射になります。


?DSC 1297 00012


仮に4本のダーツが装填されていた場合、必ず中央側のバレルから発射されます。なにげに黒いスポンジのストリームダーツ、レアですね。?


DSC 1298 00013


外側のバレルから発射されるのは中央側のバレルがカラの場合のみとなります。


DSC 1300 00015


バレルカバーが掛かっている場合、外側のバレルは見えない様になっているのでもしかしたら隠し武器的なイメージなのかもしれません。


DSC 1259 00002


パッケージ裏面。上で紹介したギミックが説明されています。



という事で久々にブラスターをいじってみたらやっぱり楽しいですね。


日本でもゾンビストライクやレベルが発売され、MEGAも・・・なんて話がありますが今後もちょこちょこ更新出来たらいいなと思います。


ではでは。



ナーフ N-ストライクエリート ゾンビクロスファイアボウ激連射セット
クリエーター情報なし
タカラトミーマーケティング
  1. 2014/08/18(月) 21:52:49|
  2. Weblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デザイン一新、NERF最新ブラスターSWARMFIREで勝利を掴め!


衝撃の第一報から約4ヶ月、ようやく新型ダートタグが入手できました。



SWARM01.jpg
「NERF DART TAG SWARMFIRE」
ダートタグシリーズ最大のブラスターで電動フルオート20連発を誇ります。



SWARM02.jpg
今までのダートタグやNストライクとは大きくイメージの違うデザインラインは賛否あるとは思いますが私は素直に格好良いと思います。



SWARM03.jpg
パッケージ内部、意外とスカスカです。
今までのダートタグと違いゴーグルやターゲットベストが付属していません。
私もてっきり付属だと思っていたので意外でした。



ゴーグルについては、内箱に不自然な切欠きがあるので販売する国の
安全基準によってはゴーグル付属のパッケージになる可能性もあると思います。



SWARM04.jpg
スウォームファイア本体。
Nストライク同様の黒と黄色(Nストライクより若干オレンジっぽい色味です)ながら
一目で違うラインだと分かるスタイリング。



SWARM08.jpg
Nストライクの電動ブラスター、ブレイジングバーストとのサイズ比較。
SF映画でいうと上が宇宙人の銃、下が地球人の銃かと思うくらいデザインラインが違いますね。



SWARM13.jpg
20連バレルが並ぶフロントにボリュームが集中しています。
実際、重量もフロントに集中しています。



SWARM06.jpg
重量集中の原因の一つがフロント下部に配置されたバッテリーケース。
(||||||||)形のパーツが外れ、単2電池を6本収納します。



SWARM05.jpg
電源スイッチはブラスター上部。
スイッチをオンにしても特にインジケーター表示や
バリケードのようにモーターが回りっぱなしになったりはしません。



SWARM12.jpg
今回付属するダートタグダーツは青い弾頭に白いベルクロ。
今までの物より弾頭の脇にあいている穴が大きくなっています。



SWARM09.jpg
20連バレルの発射位置は時計の針でいう12時の位置。
外側のダーツが発射された後バレルが回転し、
SWARM10.jpg
12時の位置に移動した内側のダーツが発射されます。



連射速度は20発撃ち切るのに8秒、約2.5発/秒。
命中精度は非常に高く、電動ですがバラマキではなくしっかり狙っていけるブラスターになっています。
飛距離についてはダートタグの中では標準的なレベルにまとまっています。



SWARM11.jpg
試しに手元にあった様々なダーツを詰めて撃ってみましたが
ストリームダーツとエアゾーンのダーツ以外は問題なく発射できました。
上記2種類は30センチくらいしか飛びませんでしたw



SWARM07.jpg
ストック側のオレンジのボタンを押すと簡単にストックが外れ、「アタックモード」になります。
このギミック、スナイパーショットにも搭載してほしかったですね。



アタックモードになるとフロントヘビーなバランスがさらに強くなり、
狙って撃つよりも自分から動いて積極的に「当てにいく」感じが強くなります。
それゆえのアタックモード、という名称なのでしょう。



このスウォームファイアをはじめとする新型のダートタグシリーズは今のところ日本での発売予定はありません。
全世界でもまだアメリカとシンガポールでしか展開していないとの事。
是非とも日本での展開を期待したいものです。



 



さて、今回入手したスウォームファイアのうち1丁をヤフオクに出品し落札価格を東関東大震災の義捐金として寄付します。
玩具とはいえ武器を売った代金を義捐金とするのを好ましく思わない方もいらっしゃるかと思いますが
わずかでも被災者の方の力になりたいと考え実施致します。
主旨に賛同いただける方はよろしければ入札をお願いいたします。



ではでは。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2011/03/27(日) 17:08:57|
  2. Weblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生存報告


地震の影響はありますが無事に生きています。
自宅については武器庫が荷崩れ、書庫も崩落が発生しているものの深刻な被害はありませんが
職場が壊滅に近い状態でしばらくは本業に時間を取られるため更新やコメント返しはできません。



予定では土曜日に動画を撮影して今頃オートバリケードRV-10の動画をアップするつもりでしたが
残念ながらしばらくは動画アップも難しい状況です。



 



現時点で掴めているNERF情報としては米ザらスで新型ダートタグシリーズがすべて予約開始しています。
米国での販売は23日以降になるようです。



 



震災の被害にあわれた皆様が一日でも早く元の暮らしに戻れる事を祈りつつ
ではでは。



ブログを書くならBlogWrite
  1. 2011/03/13(日) 11:26:15|
  2. Weblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカのエナジードリンクは中二病にも効果アリ? 「BLOOD energy potion」を飲んでみた


正月休みもほぼ終わり社会人は仕事始め、学生は新学期の用意をはじめる頃ですね。
はっきりいてこの時期はクリスマス〜正月の遊び疲れで一番辛い時期。



そこで今回オススメするのがこの商品(通販番組的導入)



BEP01.jpg
「BLOOD energy potion」12本入り、$54.99。
アメリカ生まれのエナジードリンクです。
海外製のエナジードリンクと言えばレッドブルが有名ですが、インパクトならこちらも負けていません。



というか、インパクト勝負。



インパクトのみ。



なにせパッケージには
BEP02.jpg
「ENERGY FOR HUMANS OR VAMPIRES」(人間と吸血鬼の為のエナジー)
と書かれ、血のりの様なペイントが施されています。



そして中身は



BEP04.jpg
どうみても輸血パックです。
こちらにも血で塗れた手で触れた様な指紋がプリントされ尋常じゃない雰囲気をかもし出しています。



BEP00.jpg
丁寧に吊り下げフック用の穴まで開いています。



パッケージに書かれている英文は



「FOR DRINKING B Rh POSITIVE」
B型向け(もちろん他の血液型でも飲むことができます)
「Similar nutrients to real blood」
本物の血に似た栄養素
「Fantastic fruit punch flavor」
ファンタスティックなフルーツポンチフレーバー
「Up to 4 hours of pure energy」
4時間分のピュアエナジー
「Delicious for vampires or humans」
吸血鬼や人間の為の美味さ
「Succulent source of electrolytes」
電解質を含む瑞々しいソース
「Delectable souce of iron」
鉄の美味なるソース
「Protein & energy」
たんぱく質とエネルギー
「Garlic free」
ニンニク不使用



・・・と、本当の宣伝文句とジョークが混じっています。



注意書きも「37度程度に暖めて使用ください」や「静脈注射や輸血に使用しないで下さい」
「本物の人間の血は飲用に適しませんが、これは飲めます」などとジョークを交えて書いてあります。



BEP05.jpg
背面には飲み方や成分表が。
「レンジで14秒暖め、ゴブレット(足つきのグラス)に注ぎ楽しめ」
「キャップを開け、直接口で甘美なる命を味わえ」
といった文言がある一方で「12歳以下非推奨」といった真面目な注意書きも。



成分的には鉄分がかなり多く、日本の成人男性であればこれ1本で1日の摂取量をまかなえるレベルです。
鉄分の過剰摂取は肝臓などへのダメージがあり体に悪いのでこのドリンクの飲みすぎには気をつけましょう。



肝心の味はよくあるフルーツパンチっぽい味ですが、やはり最後に鉄っぽさが残ります。
容量は100mlと少ないですが、これ以上入っていると飽きるギリギリのラインかもしれませんね。



今回は12本入りのパッケージを買いましたが、パッケージを開けた瞬間にBEP06.jpg
「これ持って職質されたら答えに困るな・・・・・・」とか思ってしまいました。



正直な話、エナジードリンクというよりもジョークアイテムとしての側面が強いこの商品、
吸血鬼系のコスプレやサバゲで衛生兵役をやりたい人の小道具にいかがでしょうか?
個人的にはこのパックにストローさして啜ってるアーカードさんのコスプレとか超見てみたいんですが。



 



ZombieBloodEnergyPotion.jpg
姉妹品のゾンビブラッドポーションはあまり飲みたい人はいなさそうですがw



 



ちなみに、このエナジードリンクを販売しているメーカーは某ゲームに出てくる「ポーション」そっくりの
エナジードリンクを出している会社でもあります。
mana.jpg



そもそも今回のアイテムを知ったきっかけが、ふたばのおもちゃ板に立っていたNerfスレに
BLOOD energy potionの画像が貼られていたからなのです。



なぜにNerfスレにエナジードリンクの画像が貼られるのか?



実はこのメーカー、ある有名なNerfバルカンの改造動画を公開しているのです。
500 Round Per Minute Dart Chaingun Hack



電圧アップによるハイサイクル化と弾数カウンターの設置、分速500発のMODバルカンの動画は
NERFerならば一度はみた事があるかと思います。



意外なところでNerfとつながっている今回の記事なのでした。
ではでは。




HELLSING 1 (ヤングキングコミックス)
平野 耕太
少年画報社


ブログを書くならBlogWrite
  1. 2011/01/05(水) 20:42:30|
  2. Weblog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ