FC2ブログ

encounter.dat

Twitter→ http://twitter.com/nao_show

サージファイア用ストックアダプタ&ドラムエジェクターロッド 取扱説明書

ご無沙汰しております(もはや毎度の挨拶)

 

今回は自作の3Dプリントパーツの紹介記事です。

時間の有るときに出力してヤフオク等に出品しようかと思っているので説明書を兼ねて。

 

と言う訳でサージファイア用ストックアダプタ&ドラムエジェクターロッドのセットです。

DSC_3083

付属品一覧、破損の可能性のあるパーツは1セット予備を用意しています。

DSC_3086

自宅のプリンタの標準モードで出力していますが表面は積層痕だらけです。気になる方は表面処理をご自分でお願いします。

 

装着方法、まずは大量のネジを外して開きます。

DSC_3065

ドラムの全部を支える穴部分にパーツを挿入します。

DSC_3085

パーツ上端にA・Bの刻印がありますの。サージファイアの外装裏側にもA・Bと刻印されているので合わせてパーツをはめ込んでください。

刻印の有る側が銃口の向きになります。

DSC_3066

こんな感じで、パーツの切り欠きをサージファイアの補強リブにはめ込みます。

DSC_3069

はめ込んだパーツの上にドラムエジェクターロッドを乗せておきます。

DSC_3084

次にストックアダプターの基部を取り付けます。プリントが荒いですが左右合わせて矢印⇧が上に向くように組み込みます。

DSC_3067

サージファイア本体後端のコッキングインジケーター用の窓に挟み込みます。

キツいようでしたらヤスリ等で穴を広げるか、基部を削って現物合わせで調整してください。

基部の左右を組み込んだらサージファイア左側のボディを戻して、大量のネジを締めていきます。

 

DSC_3071

すべてのネジを締め込んだらいよいよストックアダプターを装着します。

基部を左右から挟み込み、2本のタッピングビスでキツく締め込みます。

SARGE02

これで組み込み完了です。

DSC_3032

DSC_3034

エジェクターロットを押すとドラム中央部のストッパーが押され、脱着が可能になります。

結構動作が固いので戦闘中の交換はおすすめしませんが、フィールドへの移動時に横幅が減るので運搬がしやすくなります。

DSC_3091
ただし、フォアグリップの上部を握り込んで操作する場合はロッドに手をぶつけて怪我をしてしまう可能性があるので、

自分の操作スタイルによっては組み込まない方が良い場合もあります。

すべてのネジを締め込む前に仮組み状態で動作テストをすることをオススメします。

 

DSC_3044

ストックアダプターはデルタトルーパーのストックを基準にサイズ測定していますが、各ストックでけっこう寸法が違うので

ガタツキがあるストックもあるかと思います。

DSC_3089

青リタリエイターのストックはスムースに入りました。

DSC_3087

社外品のM4ストックパイプアダプターはバッチリでした。

 

サージファイアを入手したときからずっと「なんでストックつかないんだろう……」という思いを形にした完全自己満足パーツですが

ツイッターにあげたら好評でしたので時間の有るときにプリントしてちょこちょこ流していこうかと思います。

ではでは。

  1. 2018/10/27(土) 10:28:41|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

明日のスーパーフェスティバル73に参加します。

前日の夜になっての急な告知です。
ツイッターの方ではずっと話題にしていましたが、明日東京都千代田区の科学技術館で開催される

スーパーフェスティバル73にディーラー参加している「たるかす」さん(Fブロックの19・20)の一角をお借りしてブラスターを大量に放出します。

未使用新品から年代物の中古、レアな1点物から大量ストック品まで。
色々取り揃えて皆様のご来場をお待ちしております。

ではでは。

以下、持っていくアイテムの画像。ツイッターに上げた物の再アップです。
多分撮影抜けの物が数店あります。それは会場でのお楽しみということで。

DSC_0576

DSC_0579

IMG_20170107_194507

C0-nHFxUsAAKecB

IMG_20161231_131258

IMG_20161231_134000

C1jD6NlUoAA26q1

IMG_20161231_131228

C1jAKELUoAEvPcj

C1jB0u9UkAEHomP

  1. 2017/01/07(土) 19:53:01|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

新型ダーツ「アキュダーツ」の性能はいかに? NERF N-STRIKE ACCUSTRIKE ALPHAHAWK

相変わらず更新の少ない本サイトですが本年もよろしくお願い致します。

このところ新型ラッシュのナーフですが、またも新型、しかも日本では来月に発売という驚きの展開スピードです。

 

DSC_0576

「NERF N-STRIKE ACCUSTRIKE ALPHAHAWK」

DSC_0575

命中精度をウリにした新シリーズ「アキュストライク」のフラッグシップ機、久々のスナイパーライフルタイプです。

DSC_0558

5連シリンダーを持ち、本体両サイドのボルトを引く事でコッキング、ダーツ発射後にシリンダーが回転するストロングアームと同様の機構を持っています。

DSC_0557

シリンダー前部にはバレルに当たるものはありません、ナーフの場合はバレルは抵抗になるばかりなのでこの割り切り方は正解ですね。
フロント部分をバッサリとカットしたカスタムも面白そうです。

 

ストックは調整できそうなデザインですが完全に固定式です。
強度もしっかりとしておりきしみは一切ありません。
チークパッドの位置も絶妙で、大人が構えても問題ありません。

DSC_0536

グリップにラバーが貼られたブラスターは初でしょうか?
それだけでもスペシャルな感じがします。
グリップ下部の意味ありげな丸モールドはオプションでも出るのでしょうか・・・

珍しく本格的な固定サイトが装備されているこのアルファホーク。
目線と2本のサイトピンをあわせて狙うとちょうど9メートル先のターゲットにマッチするように設計されているそうです。
国内版のグレートリガーだと何メートルにあわせてあるのでしょうか。
6~7メートルくらいが日本の住宅事情にはちょうどいいような気がします。

DSC_0534

タクティカルレイルは本体上面とフロント下部の2本。

 

DSC_0552

当然ですがスコープやバイポッドが似合います。

(画像は左側のコッキングハンドル差し忘れてますね)

DSC_0539

長い全長を活かしてバヨネットを付けても映えますね。

 

DSC_0579

そして、新設計のアキュストライクダーツ、略してアキュダーツ。

DSC_0562
写真の様に弾頭部分に溝が切ってあり発射後に回転しそうな見た目をしています。
実際発射時にどうなってるかはわかりません。だれかハイスピードカメラで撮ってもらえないですかね。

DSC_0565
ダーツの芯はエリート系のダーツと同じ長さ。

もちろん互換性がありアキュストライクシリーズでもエリートダーツが使用可能です。(逆もOK)

肝心の命中精度ですが、体感的には新品のエリートダーツより当たる・・・様な気がします。
アルファホークでエリートダーツを撃つとたまに横に反れるような、弾頭が暴れるような弾道がありましたが
アキュダーツを使用した場合では50発程撃ち込んでも見られませんでした。
思い込みかもしれませんが、個人的にはアキュダーツ、効果あるような気がします。

的当て競技等、ここぞという時に使用してみたいですね。

 

さて、今回紹介したアルファホークとアキュダーツ、さらにハンドガンタイプのファルコンファイアが2月に発売予定です。
ファルコンファイアは海外版を入手していないので、国内版を買ってみようと思います。

ではでは。

  

  1. 2017/01/05(木) 21:55:06|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

限定の迷彩仕様モジュラススコープをゲットせよ! スター・ウォーズ ナーフ デス・トルーパー ブラスター

11月11日から、日本全国のトイザらスで、合計3000円以上のナーフ関連商品を買うと画像のスコープがもらえるキャンペーンが展開されています。

DSC_0171

全国で5000本限定との事なので欲しい方はお早めに。

 

さて、今回はそんなキャンペーンに合わせてか、期間限定でお買い得になっているブラスターを紹介します。

DSC_0173

「スター・ウォーズ ナーフ デス・トルーパー ブラスター」
12月公開の映画「ローグ・ワン」コラボのブラスターです。

トイザらス各店で12月4日まで3,776円で安売り中で上記キャンペーンにもバッチリ対応しています。
ちなみに、ネット通販では値段は安くなっていますがスコープのキャンペーンはやっていないのでご注意。

 

DSC_0174

帝国軍をイメージさせる黒基調のパッケージはナーフでは珍しい感じですね。

DSC_0175

付属品はダーツ3本と左側にはめ込むパーツのみのシンプルな構成です。

DSC_0187

同じスターウォーズブラスターの古いモデルと。
どちらも撮影プロップに使われたスターリングサブマシンガンの意匠を残しています。

さて、今季のスターウォーズブラスターは「グローストライク」シリーズと言うことでライト&サウンドギミックを搭載しています。

DSC_0182
バレル下部のコッキングハンドル(スターリングだと折りたたみストックだったところ)をコックすると、バレル内部のLEDライトが一定時間店頭します。

 

DSC_0181
以前紹介したレベルのルミライト同様、弾頭部に蓄光素材が採用されたグローダーツに光がチャージされます。
3本のダーツが装填できますが、発射は1発づつのトライアド方式です。

そして、発射時に映画でおなじみのブラスター発射音とバレル上部の3個のLEDが前方に向かって光が流れるように点灯します。

これがなんとも楽しい。よくあるライト&サウンドのみの銃型トイにダーツ発射ギミックが付くだけでコレだけ楽しいのか、と驚くくらいです。
弾頭だけ発光のグローダーツがかえって光の粒が飛んで行くようで暗闇では今までのグローダーツより綺麗に見えます。
実際に手に取るまでは不要なギミックだと思っていたのですが、触ってみてわかりました。これは良い物だ・・・

DSC_0195

上部のタクティカルレイルと後部のストックアダプターでカスタマイズも可能です。
グローダーツの保持のためにダーツホルダー付きストックやレイル仕様のダーツホルダーと相性が良さそうです。

DSC_0188
先月発売のタクティカルライトとトライストライクのストックと組み合わせた火力強化型夜戦仕様。

DSC_0193
今回のキャンペーンのスコープも似合います。リーコンMK2のスケルトンストックも無骨でいい感じです。

DSC_0197
社外パーツのM4ストックアダプターを装着。なにやら太いバレルがグレネードランチャーやピストルカービンの様です。

さて、実射性能ですが、オレンジトリガーの中では弱め(日本でそのまま発売できるレベルですからね)ですが国内仕様のグレートリガーブラスターよりは
弾道はフラットで、暗いところでグローダーツの光が真っ直ぐ伸びていくのを見ると非常に気持ちいいです。

暗くなるのがすっかり早くなった昨今、グローストライクシリーズ限定夜戦などやってみるのも楽しいかもしれません。
ダーツの単価が高いのと、ゲーム後のダーツ回収が大変かもしれませんが・・・

ではでは。

  1. 2016/11/12(土) 07:03:08|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

すごいぞタカラトミー!DOOMLANDSシリーズ11月17日に発売決定!

今年のタカラトミーはいったいどうしたんでしょう?(褒め言葉)

怒涛の新製品投入ラッシュで嬉しい悲鳴が続出です。

ゾンビストライクシリーズが一気にでたかと思えばまさかのハイパーファイア・トライストライク・モジュラスオプション類が10月に販売スタート。

そしてさらに、販路限定の入手困難さで全世界のNERFコレクターを悩ませたというDOOMLANDS2169シリーズまでもが国内販売決定です。

 

キャプチャ

Amazon.co.jpでも早速予約が始まっています。

オレンジを基調とした本体、右側の一部をクリア素材にして発射ギミックを見せるなど独特の仕様のDOOMLANDSシリーズ、今回発売されるのは以下の3機種です。

DSC_0002
縦4連バレルのハンドガンタイプ、パースエイダー。

DSC_0509_R
ガトリング砲の様な長い6連シリンダーを持つバガボンド。(回転するのはシリンダーだけで銃口部分は固定です)

DSC_0538_R
12連シリンダーを持つリボルバーライフル、ロウブリンガー。

アメリカでも発売されたばかりのダブルディーラーは流石にありませんが、初期モデル3種を一気に国内に投入してきました。
ダーツは黄色と黒のドゥームランズダーツが付属していますが、もちろんエリートダーツ、ユニバーサルマイクロダーツと互換性があります。

私のオススメ度合いで言えば

1:ロウブリンガー
2:パースエイダー
3:バガボンド

となります。
ロウブリンガーは装填し易いシリンダー、十分な装弾数、片手でも扱えるハンマーコッキング方式と、ゲームでもメインウェポンにできる実力派です。
パールエイダーも片手で操作でき4発の装弾数は魅力ですが厚みのあるデザインとグリップなので持つと最初は違和感があります。
バガボンドはデザインは一番好みなのですが、装弾数の少なさがネックです。リペイントやブレード装着などのカスタムベースには最高ですね。

 

いずれにせよ、10月発売のブラスターとあわせて、クリスマス商戦が白熱すること間違い無しですね。

ではでは。

 

  

  1. 2016/09/30(金) 19:39:15|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ